薬歴を書く時間がない!薬剤師の永遠の悩み!

忙しくて薬歴を書く時間がない

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


忙しい職場では、日中は調剤や服薬指導で手一杯で、薬歴まで手が回らない。
そのため、業務内に処理できなかった薬歴を書くために残業が当たり前になっている。
そんな職場も多いのではないでしょうか?

 

 

以前、薬歴未記載だったにも関わらず、
報酬をもらっていた薬局が大きな事件になったこともあります。

 

 

そのようなことにならないためにも、
薬歴を書く時間がなくて困っている場合はしっかり対処していきましょう。

 

 

 

 

薬歴とは?

 

「薬歴管理」は、薬剤師が行う業務の1つです。
患者さんがこれまで病院で診療を受け、処方された薬の履歴が「薬歴」であり、
それを患者さんごとにまとめ管理したものが「薬歴管理」です。

 

 

次のような情報を記載します。

  • 処方した薬の名前、量
  • 服用した期間
  • 副作用やアレルギー歴
  • 今までの病歴
  • 薬に関する患者さんの意見(カプセルは飲みにくいなど)

 

薬歴は、患者さんが安心して薬を飲み続けられるように記録するものです。
聞いたことを忘れてしまって未記入になったり、
誤った情報を書いてしまうことは絶対に避けなければいけません。

 

 

他の薬剤師が見てもわかりやすく書くことが必要です。

 

 

薬歴が残業の最大要因

 

調剤薬局での薬剤師の仕事は大きく3つに分類できます。

  1. 調剤
  2. 投薬
  3. 薬歴の記載

 

その他にも在庫管理、発注、メーカーMR対応、薬局の管理業務などの仕事もあります。
そのため、日中の患者さんがやってくる忙しい時間は調剤と服薬指導に忙しく、
薬歴を書く事に手が回らず後回しになってしまうのです。

 

 

薬歴を業務内に書けるようにする解決策

 

残業しなければ薬歴を書くことができないのが、薬局全体の問題なのか、
または個人の問題なのかかを考えてみる必要があります。
まずは、忙しい原因と改善策を分析してみましょう。

 

 

自分の仕事を効率的できるように改善する

他の薬剤師と同じ仕事量でもあなたが薬歴を書くことができていないなら、
あなたの仕事の効率を考える必要があります。

 

 

薬歴をスムーズに記入するためにも、
投薬する際に「何を聞くか、何を伝えるか」を準備してメモしておけば、
あとで薬歴をまとめやすくなります。

 

 

患者さんへの質問も「調子はどうですか?」と漠然と聞くのではなく、
「新しいお薬で吐き気や具合が悪くなることはなかったですか?」など
具体的に聞くようにしてみてください。

 

 

そうすると患者さんは「はい」「いいえ」で答えてくれるため、
薬歴も簡潔に書くことができます。

 

 

薬局全体の仕事のやり方を見直す

服薬指導を行うバランスが悪く、あなたが書く薬歴が増えてしまっているのであれば、
服薬指導の少ない薬剤師にもっと服薬指導をやってもらうように
薬局内の仕事の配分の見直しが必要です。

 

 

また、派遣社員は投薬がメインとなり、
時給が高いので残業せずに帰るため薬歴が残ってしまうという場合があります。
そのような場合は、仕事の配分を調節してもらうよう、
管理薬剤師など業務の配分を考えている責任者に相談してみましょう。

 

 

薬局全体として取り組むことできれば、薬歴管理もスムーズに行うことがきるはずです。
忙しくても少しの空き時間があれば、薬
剤師同士で声をかけながら順番に薬歴を書く時間を作るなど
工夫することもできるのではないでしょうか。

 

 

薬剤師を増やしてもらうように打診する

業務内に仕事が処理できない原因として一番多いのは、薬剤師不足です。
処方箋枚数40枚につき薬剤師1人が基本ですが、
その基準を満たしていても処方内容によっては、
調剤や服薬指導に時間がかかり薬歴を書く時間がない場合もあります。

 

 

人員不足の問題解決には、薬剤師を補充してもらう必要があります。
会社の人事部であったり、経営者にお願いする必要がありますが、
まずは店舗の管理薬剤師に相談した方がいいでしょう。

 

 

どうやっても変わらない場合は転職を考える

 

まずは自分でできることからやってみることが大切ですが、
一人ですべて解決することは難しいと思います。

 

 

薬局全体として解決しなければいけないことは、
管理薬剤師や薬局長、店長などに相談してみましょう。

 

 

文句を言うだけでは何も始まりません。まずは提案してみることです。
上司もさまざまな仕事を抱えていますので、任せるだけでなく自分も動かないといけません。

 

 

しかし、それでも変わらない。上司も対応してくれない。
もうここではやっていけないという場合は、転職に踏み切るタイミングかもしれません

 

 

一度、転職サイトのコンサルタントに相談してみるといいと思います。
あなたの状況を把握した上で、あなたの取るべき選択肢を提案してくれるはずです。

 

 

いろいろ努力した上でそれでもダメで選んだ転職は、嫌で辞めた転職とは違います。
ぜひ、転職サイトのコンサルタントにアドバイスをもらってみてください。

 

 

自分に合う職場を見つけたい薬剤師におすすめの転職サイト!

 

「ファルマスタッフ」

 

ひとりひとり面談し、ミスマッチの少ない求人を提案してくれます。
登録は無料なので、転職のプロのアドバイスを聞いてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

ひとりひとりに面談し、じっくり相談できる

担当コンサルタントが直接面談を行い、しっかりとしたヒアリングを元に
転職先を紹介するため、ひとりひとりの希望にあった求人を紹介してもらえます。

 

 

求人先を訪問し内部情報を把握している

65000件以上の求人件数を誇る日本最大級の転職サイトで
求人数が多いため、自分に合った転職先を見つけられる可能性が高いのが魅力です。
コンサルタントが求人先の内部情報を把握しているため、
職場の雰囲気人間関係仕事の忙しさなどを事前に教えてもらうことができるので、
転職後のミスマッチが起こりにくくなります

 

 

e-ラーニングなど研修体制が充実!

認定薬剤師の受講単位に対応したe-ラーニング教材を提供するなど、
研修体制が非常に充実しています!

 

⇒ファルマスタッフへの無料登録はこちら

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!