薬剤師の服装・身だしなみはどこまで許される?

薬剤師の服装・身だしなみはどこまで許される?

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

調剤薬局の薬剤師は、調剤室での調剤業務だけでなく
患者さんの服薬指導を行う機会もあり、
接客業としての一面も持ち合わせています。

 

薬剤師は職場では白衣やユニフォームを着て仕事をしていますが、
通勤の至福や白衣の下に着る服装について
職場でチェックされていることも少なくありません。

 

 

アクセサリーや髪形や髪の色などは職場によってルールがあることもありますが、
薬剤師が患者さんに与える印象は大切ですからある程度仕方のないことです。

 

ここでは、薬剤師の服装について紹介します。

 

 

薬剤師に必要な身だしなみとは

 

薬剤師の服装のルールは職場によって異なりますが、次のようなものがあります。

 

  • 基本的にGパンは禁止
  • 髪が肩にかかる場合は、ゴムやピンでまとめる
  • 長い爪やマニュキアの使用は禁止
  • 明るすぎる髪色は避ける
  • 香水の使用は禁止

 

調剤薬局で働く薬剤師は、仕事中は白衣を着ているし、
足もともカウンター内で見えないので
問題ないと思っている人が少なくありません。

 

しかし、仕事場での服装は自分自身が楽しむためのものではなく、
相手のことを第一に考え相手に好感や信頼をもってもらうことも考えなくてはいけません。

 

薬剤師は薬を扱う医療人として、
最低限の清潔感や信頼感を損なわない身だしなみをするが必要です。

 

当然ですが病院や調剤薬局は衛生関係の職場であるため、
爪は短く切っておき、マニュキアやネイルアートは厳禁です。

 

長い爪やギラギラした爪で調剤されたり薬を出されると、
その薬を飲む患者さんが嫌な気持ちになったり、衛生面で不安を与える可能性があります。

 

 

また、病院や調剤薬局は、体調の悪い患者さんがいらっしゃる場です。

 

具合が悪い患者さんもたくさんいますので、
香水の匂いでさらに気分が悪くなってしまう可能性もあるので
気をつけしましょう。

 

 

薬剤師の職種によっても自由度が違う

調剤業務を行う薬剤師の職場としては、
病院、調剤薬局、ドラッグストアがあります。

 

薬剤師の職場の中でも、病院に比べて調剤薬局の薬剤師の方が
服装や身だしなみについての自由度は高い傾向があります。

 

 

さらに調剤のないドラッグストアであれば、
髪形やアクセサリーについて制限のない職場もたくさんあります。

 

病院や調剤薬局の職場では、働く人はほとんどが医療従事者ですが、
ドラッグストアはアルバイトの学生など従業員も幅広いため、
薬剤師だけに服装を厳しくするということがないためです。

 

そのため比較的自由な服装で働く事ができます。

 

 

薬剤師の職場ではこれが普通なの?と思ったら

 

薬剤師の職場でも服装や身だしなみの基準は、職場によって全然違います。

 

白衣の下は何を着てもOKで髪形やアクセサリーについても
あまり制限がなく自由度が高い職場もあります。

 

その一方で、身だしなみに厳しい職場では勤務中の服装だけでなく、
通勤に着用している服装はもちろんのこと、
持ち物のバッグや靴、髪形やヘアカラーについても
暗黙の職場規定があるところもあります。

 

 

職場によって厳しさの違いはあるものの、
医療現場は、一般企業に比べて服装の決まりがあったり
アクセサリーや香水を禁止しているところが多いです。

 

その反動のためか休みの日になるとアクセサリーで着飾り
香水もつけて出かける医療従事者の人も少なくありません。

 

普段、我慢している分、そういったところで反動が出るのかもしれないですね。

 

 

職場によっては、どうしても納得できない規定もあるかもしれません。
そんな時は、友達や知り合いが働いている薬局などの情報を聞いてみてはどうでしょうか?

 

他の職場と比較してみると、今の職場のいいところに改めて気付くこともありますし、
逆に「新しい職場に環境を変えてみたい!」という一歩を踏み出せるかもしれません。

 

友達に聞きづらい場合は、薬剤師転職サイトを利用するのも一つです。

 

転職サイトは、さまざまな職場の状況を把握しています。
また、多くの薬剤師の転職をサポートしてきた転職のプロならではの
客観的なアドバイスをもらえるはずです。

 

 

自分の職場では当たり前のことが、
「他の職場から見るとあり得ないことだった」ということも少なくありません。

 

まずは、客観的に今の環境を見てみるのもいいのではないでしょうか?

 

⇒他の職場の状況を知りたいならコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!