かかりつけ薬剤師ってどうなの?資格やメリット・デメリット

かかりつけ薬剤師制度で薬局の今後はどうなる?

 

2016年4月の診療報酬改定により「かかりつけ薬剤師指導料」が新設されました。

 

今回の診療報酬改定では、医師、歯科医師、薬剤師のいずれにおいても
「かかりつけ」という言葉が登場しています。
今後の医療を考えていく上で「かかりつけ」という言葉が、重要なキーワードです。

 

 

「かかりつけ薬剤師」の新設により、薬局で働いている薬剤師には大きな影響が出てきます。

 

 

具体的に今までとどう変わるのか、かかりつけ薬剤師指導料の算定要件、
メリット・デメリット、薬局で働く薬剤師が生き残るにはどうすればいいかなど紹介します。

 

 

 

 

かかりつけ薬剤師制度とは

 

これまで、「かかりつけ医」というのを耳にしたことがある人は多いと思います。
体調が悪いときや何かあったらまず相談できる街のクリニックや医院のお医者さんです。
この薬剤師バージョンが「かかりつけ薬剤師」です。

 

 

薬の服用方法や副作用などお薬全般のことや健康相談ができる薬剤師を指しています。
かかりつけ薬剤師になると、患者さんへの投薬・服薬指導は
基本的にかかりつけ薬剤師が担当します。

 

 

かかりつけ薬剤師として指名された薬剤師は、自らの勤務表を患者さんに交付し、
薬局が閉まっている時間帯であっても24時間対応できる連絡先を伝えなければいけません。

 

 

指名された薬剤師がいるときに薬局に来てもらうためなのでしょうけど、
これに関してはいろいろ物議を醸し出していますね・・・。

 

 

そして、医療機関から処方されている医薬品だけでなく市販薬についても一元的に管理し、
服薬状況などを把握し、必要に応じて医師に相談を行います。
また、状況によっては患者さんの家に訪問し残薬の整理なども行います。

 

 

かかりつけ薬剤師を指名することでかかる費用は?

「かかりつけ薬剤師指導料」の算定には、患者さんが同意書にサインすることが必要です。
患者さんの同意を得た次の来局時から、処方せん受付ごとに70点算定できます。

 

 

「かかりつけ薬剤師指導料」を算定した場合は、
「薬剤服用歴管理料(38点または50点)」は算定できませんので、
「かかりつけ薬剤師指導料」を算定した場合の差額は200円〜320円です。

 

 

患者さんの支払う金額は、保険が適応されますので、負担額の増加は次の通りです。

1割負担の方は、およそ20〜30円の増額
2割負担の方は、およそ40〜60円の増額
3割負担の方は、およそ60〜1000円の増額

 

かかりつけ薬剤師以外の薬剤師が服薬指導した場合は、この費用は算定できません。

 

 

 

かかりつけ薬剤師の算定要件は?誰でもなれるわけではありません

 

「かかりつけ薬剤師」は、薬剤師であれば誰でもいいというわけではありません。
一定以上の経験や知識(研修など)が必要であり、事前に届け出る必要があります。

 

かかりつけ薬剤師の算定要件

 

@薬剤師として3年以上の薬局勤務経験があり、同一の保険薬局に週 32時間以上勤務しているとともに、当該保険薬局に半年以上在籍していること。

A 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定を取得していること。

B 医療に係る地域活動の取組に参画していること。(地域の行政機関や関係団体等が主催する講演会、研修会等への参加、講演等の実績)

 

「かかりつけ薬剤師」の算定要件に、学校薬剤師が必須か否かという点に注目が集まっていましたが、厚生労働省は、「学校薬剤師は、地域活動の選択肢の一つ」と必須ではないことを表明しています。

 

 

こういった要件が必要なため、調剤薬局によっては限られた薬剤師しか該当しない場合や、
かかりつけ薬剤師がいない場合もあります。

 

 

また、1人の患者さんにつき、1人のかかりつけ薬剤師しか選ぶことができませんので、
複数の店舗に渡ってかかりつけ薬剤師を選ぶことができません。
ただし、途中でかかりつけ薬剤師を変更することは可能です。

 

かかりつけ業務ができない薬局はどうなるの?

 

この「かかりつけ薬局業務」をまったくやらなかった薬局はどうなるのでしょうか。
かかりつけ薬局業務をまったくやらない薬局は、
翌年から調剤基本料が1/2になり、薬局は利益が激減します。

 

 

調剤基本料は処方箋の受付1回につき算定する最も基礎となる点数です。
これが半分に減算されるとなると、薬局経営者は手を打たないわけにはいきません。

 

 

薬局の生き残りを左右するような、減算方針が打ち出されているため、
「かかりつけ薬剤師」の注目度が高まるのは当然ですよね。

 

 

「かかりつけ薬剤師」になる条件の1つが、「研修認定薬剤師」の取得です。
薬剤師としてキャリアアップし、今後必要とされる薬剤師となるための
付加価値を高めるためにも研修認定薬剤師の取得は必須と言えます。

 

 

現在、薬局は「かかりつけ薬剤師」の確保に必死です。
研修費用のサポートや特別手当のある薬局が増えているのも、
その影響のひとつです。

 

 

会社にこのようなサポートがある場合は、
お金をかけずに認定薬剤師を修得することができ、ありがたいですね。

 

調子薬局で働く薬剤師が将来のためにやっておくべきたった一つのこと

 

研修費用のサポートや資格取得手当などは、会社によってピンキリです。
恵まれた環境は、うらやましいけれど、
それだけを理由に会社を辞める決断はできないのも現実です。

 

 

そんな場合は、転職活動をしてみたらいいのです。

 

 

「いやいや、そんな簡単に転職できないし…。」
と思いますよね?

 

 

もちろん、いきなり転職するのではなくて、
「転職するか判断するための転職活動」です。

 

転職先を探す市場調査みたいなものです。

 

 

今の薬局しか知らなければ、そこが薬局全体の中で
「恵まれた環境なのか、劣悪な環境なのか」の判断すらできません。

 

 

いろいろな薬局の情報を調査してみて、
転職して悪くなりそうであれば、そのまま続ければいいし、

転職してよくなりそうであれば、転職を前向きに考えればいいのです。

 

 

もちろん100%の正解はわからないけれど、
今の職場のある程度の水準は、判断できるものです。

 

 

転職活動することのもう一つのメリットは、
薬剤師としての市場価値を客観的に教えてもらえること。

 

 

「あなたの年齢、職歴、経験、スキル、地域で、転職したら・・・」
ちょっと怖いけれど、薬剤師としての価値を評価してもらえます。

 

  • どこまで条件を上げられるか
  • あなたのスキルでの一般的な年収はどの程度か
  • 今、スキルに見合った評価がされているか

 

今職場で市場価値以上の評価をされていれば、今の職場を大事にしましょう。
これまで感じていた不満も軽減され、ありがたく働けるはずです。

 

逆に、見合った評価がされていないなら、現状維持はもったいないです。
今の職場で待遇改善をお願いするか、
本気で転職活動してみていいかもしれません。

 

 

 

 

私が、転職サイトを利用する理由のひとつは、
信頼できる情報を得るためです。

 

 

薬剤師の業界に限らず、ビジネスやあるゆる場面において
うまくいくか、いかないかの分かれ目は、「正確な情報量の差」です。

 

 

「かかりつけ薬剤師制度」でもわかるように、
診療報酬や関連法規が変わると、
薬剤師の置かれている立場は、めまぐるしく変わります。

 

  • どういった薬剤師が必要とされているのか
  • 身につけておくべきスキルは何なのか
  • 今後、調剤薬局はどうなっていくのか

 

 

コンサルタントさんとたまに話をして、
薬剤師として取り残されないために、常にアンテナを張っています。

 

もちろん、いい求人があれば、転職も視野に入れながら。

 

 

 

自分で情報を集めるのは大変です。
しかも、信頼できる情報となるとなおさらです。

 

 

企業側の求めているものを一番把握しているのは、転職サイトです。
しかも、無料で利用できるのですから、使わない手はありません。

 

 

転職サイトに登録しても、転職しなければいけないわけではありません。
来るべき時に備えて、情報を収集し、
いざという時に行動でき、必要とされる薬剤師でありたいですよね。

 

 

ぜひ、最新情報に敏感な薬剤師でありましょう!

 

私が利用しているおすすめ転職サイト!

 

「ファルマスタッフ」

 

調剤薬局についての情報量が業界トップクラス!
登録は無料なので、薬剤師業界の専門家の話を聞いてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

日本調剤グループの転職サイト

「ファルマスタッフ」は、
大手調剤薬局チェーン「日本調剤」のグループの人材紹介会社です。
調剤薬局業界の情報は、間違いありません。

 

 

調剤薬局求人数が業界No.1

6万5000件以上の求人件数を誇る日本最大級の転職サイト!
求人数がダントツ多く、調剤薬局に関する情報量の多さが圧倒的です。
扱っている求人が多いということは一部の偏った情報ではなく、
市場全体としての客観的な状況を知ることができます。

 

 

⇒ファルマスタッフに相談してみる!

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!