適応障害で苦しんでいる薬剤師の職場復帰について

適応障害に悩む薬剤師の職場復帰に向けて

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


薬剤師の中には、適応障害で悩み苦しんでいる人が少なくありません。

 

適応障害と聞いても「適応障害ってなに?」とピンとこないかもしれませんよね。

 

適応障害とは、ある特定の状況や出来事が、とても耐えがたく感じられ、
それが精神的な症状や行動にあらわれることを指します。

 

  • 憂鬱な気分になる
  • 急に涙が出る
  • 会社に行くのが嫌で休んでしまう
  • 集中力や判断力が落ちる
  • 吐き気や頭痛がする

 

うつ病と似ているように見えるのですが、適応障害がうつ病と違うところは、
ストレスの原因がはっきりしているところです。

 

 

症状が常に起きているわけではなく、ストレスを前にしたときに症状があらわれ、
ストレスから遠ざかると症状が軽減されることが多いのです。

 

 

仕事や職場がストレスの原因である場合、職場から離れた休日は楽しむことができるのに、
「家出会社に行くための準備をしているとき」「夜、次の日の仕事のことを考えたとき」
にうつ状態に襲われます。

 

 

症状が強く会社を休むと症状はなくなっていき、元気になることから、
甘えやさぼりだと誤解されやすいのですが、
適応障害は原因となっているストレスから離れれば、症状が治まるものなのです。

 

 

薬剤師の適応障害とは

 

薬剤師が適応障害を発症してしまう原因としては、職場の人間関係が合わなかったり、
調剤ミスへのプレッシャーでストレスを感じ続けていることなどがあります。

 

  • 薬局内に苦手な人がいる
  • 調剤ミスへのプレッシャー
  • 患者さんからのクレーム
  • 忙しい職場環境

 

 

薬剤師のタイプとして「まじめで責任感が強い」、「人にものを任せるのが得意でない」、
「自分が抱え込む」といった人が多いため、
適応障害になりやすい性格的な特徴と一致しています。

 

 

そういった人は、「もっと頑張らなきゃ」「自分は甘えている」と無理をして
少しずつストレスを抱え続けているのです。

 

 

普段からストレスを少しずつ消化できていればいいのですが、
それができずにいると強いストレス環境にさらされた際に、
ストレスを消化しきれなくなって身体の不調として出てきます。

 

 

薬剤師の適応障害の解決法

 

薬剤師の適応障害の事例

 

  • 新人薬剤師が先輩からひどく怒られ、何をするにもやる気や自信がなくなってしまう
  • 薬剤師としてはテキパキ仕事をこなせていた人が、薬局長になった途端、適応できなくなってしまった
  • それまで普通に働けていたが、病院の薬局の閉塞感に耐えきれなくなり急に仕事に行けなくなった

 

 

適応障害は、ストレスに弱いからなるのではなく誰にでもなる可能性があります。
何にストレスを感じるかは人によって違い、
ストレスと感じることがその人に向いていないだけなのです。

 

適応障害を根本的に治療するには、原因となっているストレスから離れることが一番です。

 

 

人間関係、職場環境、仕事内容など職場にストレスの原因がある場合は、
休職するという選択肢もあるでしょう。
確かに、休職すれば会社でのストレスを感じなくて済みますし、
適応障害の症状を和らげるという効果もあります。

 

 

しかし、職場に復帰するとまたストレスを感じる職場に行くことになり、
少しずつストレスをためていってしまう可能性があります。

 

休職は適応障害の症状を和らげる効果はあっても、
適応障害を乗り越えることにはならないのです。
適応障害を乗り越えるには、新しい環境への転職を考えてみるのがいいのではないでしょうか。

 

 

適応障害になった薬剤師が転職する際に注意すること

 

適応障害で新しい職場への転職を考える場合、注意しなければいけないことがあります。

 

今の職場でのストレスの原因を把握し、
新しい職場で同じことにならないように求人を選ぶ必要があるということです。

 

そのためには、薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。

 

 

転職サイトのコンサルタントは、働いていた薬剤師からの口コミや評判などを聞いており、
求人先の内部情報を教えてもらうことができます。

 

「ここは、経営者の方が社員さんのことを大事に考えておられますよ」といったことや
「人間関係が良好でアットホームな雰囲気の職場ですよ」といった
現場のリアルな情報を教えてもらうことができます。

 

 

適応障害で転職する場合、
また同じようになってしまったらどうしようと不安なことも多いかと思います。

 

 

焦らずにコンサルタントとゆっくり相談しながら、
自分のペースで働ける職場を見つけていければいいのではないでしょうか。

 

ストレスの多い現代では適応障害に苦しんだことのある薬剤師さんも多いですが、
そういった方々も転職して新しい職場で再スタートしている人がたくさんいます。

 

まずは、ぜひコンサルタントに相談してみてください。

 

⇒コンサルタントに現状を相談してみる


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!