薬剤師の年収が高い都道府県ランキング!年収の高い地域は?

薬剤師の年収が高い都道府県ランキング

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師が働ける職場は、都市部から地方都市まで全国どこでもあります。
都市部には都市部の良さ、地方には地方の良さがあり、
どちらがいいかは人それぞれです。

 

 

都市部は、交通にも便利ですし、
ショッピングやグルメ、テーマパークなどもたくさんあるので、
休みの日は友達と遊んだりプライベートも充実できます。

 

 

そういった点から新人薬剤師では、都会で働きたいと考える人が少なくありません。
しかしその一方で、薬剤師の場合は地方に行くほど年収アップが期待できます。
都道府県別の年収について、まとめてみました。

 

 

 

 

都会はすでに薬剤師が飽和状態?

 

都市部では薬剤師が飽和状態になりつつあるということを
聞いたことがある人は多いと思います。

 

 

厚生労働省の調べによると、
人口10万人に対する薬剤師の人数が平均を上回っているのは、
東京、神奈川、大阪、兵庫、広島、山口、香川、徳島、高知、福岡、佐賀で
やはり都市部が充足している傾向があります。

 

 

逆に少ない地域は、
青森、岩手、山形、福島、福井、新潟、富山、奈良、沖縄などで
地方都市がまだまだ足りない地域となっています。

 

 

薬剤師の平均年収が高い都道府県

 

地方の薬局であるほど年収が高くなるのは、当たり前になりつつある話ですよね。

 

 

新卒の薬剤師であっても地方都市では、年収600万円以上が提示されます。
さらに、自宅や車が支給されるなどの高待遇もあります。
東京や大阪などの都市部ではそのような高給はなかなか望めません。

 

 

厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」によると、
全国の薬剤師の平均年収は530万円。

 

 

都道府県別で薬剤師の平均年収がもっとも高いのは、「静岡県」660万円。

 

 

つづいて「群馬県」613万円「広島県」609万円「山口県」609万円
「熊本県」600万円「青森県」597万円「栃木県」597万円「宮城県」596万円
「鳥取県」596万円「新潟県」588万円と続いています。

 

 

全職種の場合だと、都道府県別の平均年収の上位5都道府県は、
「東京都」「神奈川県」「愛知県」「京都府」「大阪府」などの
都心部が高くなっています。

 

 

しかし、薬剤師の場合は、まったく一致していないという状況です。

 

 

これは、薬剤師の数と需要のバランスによるので、
今後もまだまだこの傾向は続くと考えられますね。

 

 

高収入の求人先の見つけ方

 

収入だけを考えるなら地方の田舎に行くのがいいでしょうし、
ある程度の年収でプライベートも充実させたいと考える場合は
都会で働くのがいいでしょう。

 

 

都市部でもドラッグストアは調剤薬局や病院に比べ
年収が高いところが多いので、そういったところを選ぶ選択肢もあります。

 

 

また、急な薬剤師不足で突然、
好条件の転職案件などが出てくることもあります。

 

 

そういった案件は、後悔すると応募が殺到するので、
転職サイトでも非公開になっています。

 

 

求人が出たときにコンサルタントが、
登録している薬剤師に「こんな求人が出ましたけど、どうですか?」
といったように連絡することが多いのです。

 

 

そのため、高収入での転職を希望する場合は、
あらかじめ転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

 

 

転職サイトへの登録は、完全無料です。

 

 

今すぐ転職を考えていなくても、転職サイトに登録しておくと
いろいろな情報を知ることができるのでおすすめですよ。

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!