かかりつけ薬剤師の算定要件「研修認定薬剤師」になるには?

かかりつけ薬剤師の算定要件「研修認定薬剤師」とは?

2016年4月の調剤報酬で「かかりつけ薬剤師」が新設されました。
この「かかりつけ薬剤師」の算定要件のひとつが、認定薬剤師であることです。

 

 

かかりつけ薬剤師制度は、薬剤師だけでなく
薬局経営者に取っても大きな問題となる大注目事項です。

 

 

なぜなら、かかりつけ業務を行っていない薬局は、
翌年から調剤基本料が1/2に減算されるなど、かなり厳しい状況になるためです。
薬局経営者は、生き残りをかけて「かかりつけ」機能を目指すことが予想されます。

 

 

そのため、今後必要とされる薬剤師になるためには、
「かかりつけ薬剤師」としての役目を果たせるかどうかが重要となると言えるでしょう。

 

 

「かかりつけ薬剤師」を目指すために必要な「認定薬剤師」について紹介します。

 

 

 

 

認定薬剤師とは?

 

薬剤師は国家試験に合格すればなれますが、
薬剤師を取り巻く医療業界は日々進化しているため、常に勉強することが欠かせません。

 

 

認定薬剤師は、薬剤師が継続的に勉強していることを証明する証のようなものです。
認定されることで、時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であると示すことができます。

 

 

認定薬剤師と聞くと日本病院薬剤師会が認定する
「がん薬物療法認定薬剤師」や「感染制御認定薬剤師」などを
思い浮かべるのではないでしょうか。

 

 

その他にも「抗菌化学療法認定薬剤師」や「プライマリ・ケア認定薬剤師」、
「スポーツファーマシスト」など薬剤師の認定制度はさまざまあります。

 

 

薬剤師の取得対象となる主な認定制度

団体名称

認定制度

日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師漢方・生薬認定薬剤師
日本病院薬剤師会

がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師
感染制御専門薬剤師、感染制御認定薬剤師
精神科専門薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師
妊婦・授乳時専門薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
HIV感染症専門薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師
生涯研修履修認定薬剤師

日本医療薬学会

指導薬剤師、認定薬剤師
がん指導薬剤師、がん専門薬剤師*
薬物療法指導薬剤師、薬物療法専門薬剤師

日本臨床薬理学会

認定薬剤師
認定CRC

日本静脈経腸栄養学会 栄養サポート(NST)専門薬剤師
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師
日本褥瘡学会 日本褥瘡学会認定師
日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師
日本医療情報学会 医療情報技師
日本医薬品情報学会 医薬品情報専門薬剤師
日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法専門薬剤師、腎臓病薬物療法認定薬剤師
日本プライマリ・ケア学会 プライマリ・ケア認定薬剤師
糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士
ICD制度協議会 ICD(医師またはPh.D.)
日本アンチ・ドーピング機構 スポーツファーマシスト
日本サプリメントアドバイザー認定機構 サプリメントアドバイザー

*医療法上広告が可能な専門性に関する資格

 

 

「かかりつけ薬剤師」の算定要件は、
「薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等を取得していること」であり、
「研修認定薬剤師」のことを指しています。

 

 

調べてみたところ、現在22団体が研修認定薬剤師の認定を与えているのですが、
それらはすべて同列の認定として扱われます。
一番有名なのは、「公益財団法人 日本薬剤師研修センター」です。

 

研修認定薬剤師になるには

 

「公益財団法人 日本薬剤師研修センター」を例に
研修認定薬剤師になるための流れをまとめます。

 

@研修手帳を入手する。

 定価:514円(本体476円、税38円) 送料別(1冊140円)

  ↓

A研修を受講し、研修受講シール(単位)を集める。

 集合研修、グループ研修、自己研修などがあります。

  ↓

Bシールを研修手帳に貼付し、研修内容を記録する。

 4年以内に40単位以上(毎年5単位以上)

  ↓

C認定手数料を振込、研修手帳と共に申請する。

 認定手数料(約1万円)を支払い、研修手帳と共に提出します。

  ↓

D研修認定薬剤師として登録、認定薬剤師証が交付される。

  ↓

E以後、3年ごとに更新が必要

 3年間で30単位以上(毎年5単位以上)の取得が必要です。

 

 

【認定の対象となる研修】

  • 日本薬剤師研修センターが主催する研修
  • 日病薬や日薬が行う研修
  • 各都道府県や地域の薬剤師会が主催する集合研修会
  • e-ラーニング
  • ビデオ集合研修

 

インターネットの通信研修なども可能で、90分で1単位取得できます。
最近はスマホにも対応しているものも多いので、
通勤時間や移動時間などの味期間を利用してコツコツ勉強することができます。

 

 

ただし、インターネット研修は年間15単位までしか認められないので、
注意が必要です!

 

 

研修や講座によっては、数万円ほどかかるものもありますが、
研修認定薬剤師を取得している薬剤師は、
年収アップしている話もよく聞くので、やはりこれは取得しておくべきですね!

 

 

 

費用をかけずに認定薬剤師になる方法

 

かかりつけ薬局業務をまったくやらない薬局は、翌年から調剤基本料が半分になります。
調剤基本料は、処方箋の受付1回ごとに算定する、薬局の最も基礎となる点数なので、
これが半分に減算されるとなると、薬局経営者にとっては死活問題です。

 

 

薬局経営者としても「かかりつけ薬剤師」の必要性が重要度を増しているため、
勤務している薬剤師に対して、「認定薬剤師」取得をサポートする
薬局も増えてきています。

 

 

例えば、「研修費用の補助」をしたり、
「認定取得に対する特別手当」を支給するなどです。
こういったものを利用すれば、お金をかけずにスキルアップができます!

 

 

とは言っても、「認定薬剤師の取得支援」があるという理由だけで
いきなり転職には踏み切れないですよね。

 

 

そんなときは、「調剤薬局の調査のための転職活動」をしてみたらいいのです。

 

 

「え?やっぱり転職活動?」と思うかもしれませんが、
そうではありません。

 

 

一般的な「転職するための転職活動」ではなくて、
「転職するべきかどうかを調査する」ための転職活動。

 

 

調剤薬局の調査をしてみて、

転職した方がよくなりそうなら、転職すればいいし

転職したら悪くなりそうなら、今まで通り働き続ければいいだけです。

 

 

「認定薬剤師の取得支援」だけに限らず、
給料、休み、残業、福利厚生など会社によって千差万別です。

 

 

一つのところで働いていると気がつかないけれど、
調剤薬局の情報を持ってる人から見たら

 

「そんなところで働いているなんてもったない。
それだけのスキルがあれば、近くにもっといい職場があるのに・・・。」
ということがあるかもしれません。

 

そういった情報を見逃しているって、もったいないですよね?

 

 

ちょっと怖いけれど、薬剤師としてのあなたの価値を
客観的に判断してくれるのが、薬剤師転職サイトです。

  • 今の経験、スキルでどれくらいの条件で働けるか?
  • どんな条件が一般的な相場なのか?
  • 今の職場は客観的にみてどうなのか?
  • 将来的にどんなスキルをつけておくといいか?

 

薬剤師としての自分の価値を知るのは、
現実に直面する怖さはあるけれど、

 

何も知らずに過ごして、将来あわてるよりも
今のうちに現実を知れば、取るべき対策も考えられるので、
むしろ不安を打ち消してくれます。

 

 

2016年の「かかりつけ薬剤師」制度のように
薬剤師に求められるものは、めまぐるしく変化しています。

 

 

そんな時代で勝ち抜くために必要なのは、信頼できる情報です。

 

 

私は、自分で情報収集するのが苦手なので、(そして、面倒くさい)
定期的に、コンサルタントさんから情報を聞いています。

 

 

転職サイトに登録しておくと、
不定期に好条件求人や、薬剤師に役立つ情報をメールで送ってくれるので
気になる情報をメールで聞いてみるとコンサルタントさんが電話をくれます。

 

  • 調剤薬局の求人は、頭打ちになる気配はあるか?
  • どういう薬剤師が転職しやすいか?
  • 今、転職するなら、どれくらいまで年収を上げられるか?

といった話を聞いています。

 

自分では絶対に調べられない、シークレットな情報ばかりです。

 

 

転職サイトと聞くと、強引な勧誘のイメージを持っている人もいるけれど、
私はそんな目に一度もあったことはありません。

 

まっとうな転職サイトであれば、話を聞くだけでも全く問題なしです。
今すぐ転職するつもりはなくても、現状を知っておいて損はないです。

 

転職サイトを利用して、常に情報に敏感な薬剤師であり続けましょう!

 

私が利用しているおすすめ転職サイト!

 

「ファルマスタッフ」

 

調剤薬局についての情報量が業界トップクラス!
登録は無料なので、薬剤師業界の専門家の話を聞いてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

日本調剤グループの転職サイト

「ファルマスタッフ」は、
大手調剤薬局チェーン「日本調剤」のグループの人材紹介会社です。
調剤薬局業界の情報は、間違いありません。

 

 

調剤薬局求人数が業界No.1

6万5000件以上の求人件数を誇る日本最大級の転職サイト!
求人数がダントツ多く、調剤薬局に関する情報量の多さが圧倒的です。
扱っている求人が多いということは一部の偏った情報ではなく、
市場全体としての客観的な状況を知ることができます。

 

 

e-ラーニングなど研修体制が充実!

認定薬剤師の受講単位に対応したe-ラーニング教材を提供するなど、
研修体制が非常に充実しています!
日本調剤の教育スタッフが作成した教材は、認定薬剤師の取得だけでなく
毎日の調剤業務に役立つ内容でスキルアップをサポートしてくれます!

 

 

⇒情報収集の準備を始めるならコチラ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!