成功する薬剤師の転職!薬剤師の転職の流れを把握しよう!

転職活動の流れを掴んで転職を成功させよう!

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

転職したいけど、何から始めればいいのかわからない。
そんな人も多いのではないでしょうか。

 

 

先の見えないことをやるのは、不安がつきまといます。
転職は人生の重要なターニングポイントとなることですから、なおさらです。

 

 

転職活動を成功させるにはスケジューリングがカギと言えますので、
全体像を把握しておくことは、とても大切です。

 

 

転職の流れを順を追って説明していますので、
全体イメージをつかむ参考にしてください。

 

 

 

 

薬剤師の転職活動の流れ

 

転職の理由を明確にする

「なぜ転職したいのか」を明確にしましょう。
なんとなく、今の会社が嫌だからという理由では、
次の職場でもうまくいかない可能性が高くなります。

 

 

「なぜ転職しようと思ったのか」「どんなことを叶えられれば満足できるか」
仕事において、何を重要視するか価値観は人それぞれです。

 

 

「やりがい」「仕事内容」「年収」「労働時間の自由さ」「勤務地」「福利厚生」など
あなたが最優先したいのはどの項目かを考えましょう。
また、多少条件が悪くても我慢できるのは、どれなのか。

 

 

現在の会社で実現できるのか、できないならどこに転職すべきかよく考えてみます。
家族や友人など信頼できる人に相談する、
転職コンサルタントに相談してみるのもいいと思います。

 

 

しっかりとした目的や理由を把握することで転職活動がぶれないものになります。

 

 

転職先の業種をしぼる

薬剤師の場合、転職先の業種としては、
「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」「製薬会社」「CRO」などがあります。

 

 

イメージしているものと実際の仕事はかけ離れている事も少なくありません。
その業界で働いている友人や知人がいれば、直接聞いてみることがおすすめです。

 

 

働いている人に直接聞けないようであれば、
転職サイトに登録してみてコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

転職のプロとして、各業界の実情を把握していますので、
いい面、悪い面について第三者の立場からアドバイスもらうことができます。
転職の失敗例や成功例なども聞けますので、非常に参考になることは間違いありません。

 

 

応募先の企業を決める

転職したい業種が決まったら、候補となる求人先を決めます。
たくさんの求人から自分の希望に合ったものを探すのは、膨大な労力が必要です。

 

 

ここは、転職サイトを賢く利用しましょう。
あなたが転職の際に優先する条件を伝え、求人情報を紹介してもらいます。
コンサルタントが知りたい企業の情報を提供してくれるので、検討しやすくとても便利です。

 

 

転職サイトによって把握している求人情報が異なるので、
2〜3社に登録して幅広く情報を集めましょう
そうすることで多くの情報から偏りなく、客観的に判断できるようになります。

 

 

履歴書など書類を作成し応募する

応募する会社が決まったら、「履歴書」を作成し、応募することになります。
履歴書を書く機会なんて普段そうあるものではないので、
どう書いていいのか悩む人がほとんどです。

 

 

書籍やインターネットなどで「履歴書の書き方」を調べることもできますが、
なかなか大変な作業です。

 

 

転職サイトに登録しておけば、
コンサルタントから履歴書の書き方のフォーマットをもらうことができます
それに沿って、自分の履歴書を作るだけなのでスムーズにでき時間の短縮が可能です。
不安な人は、さらに書いた履歴書をチェックしてもらうこともできます。

 

 

面接を受ける

自分一人で就職活動をしている場合、
面接の日程調整も自分で調整しなければいけません。
転職サイトに登録しておけばコンサルタントが求人先と連絡を取り調整してくれます。

 

 

面接は事前準備が8割とも言われます。
コンサルタントから事前に面接でよく聞かれることも教えてもらえるので、
事前準備もとてもスムーズに行えます。

 

 

面接時の身だしなみや受け答えのアドバイスの資料も用意されています。
面接に同席してくれる場合もあるので、とても心強いサポートです。

 

 

お給料などお金のことは言いづらいものですが、
年収や待遇の条件交渉もすべてコンサルタントにお任せすることができます

 

 

退職交渉

新しい職場が決まったら、現職の退職日を交渉します。
退職から新しい職場でにいくまでは、
やることが多く忙しくなるので時間に余裕を持つようにしましょう。

 

 

通常、1〜3ヶ月前には退職に意志を伝えます
また「繁忙期は避ける」「職場の不満は言わない」などを心がけましょう。

 

 

次の転職先が調剤薬局や病院であれば、採用医薬品のリストをもらうなどして、
事前に勉強しておくスムーズに新しい職場で仕事に入ることができます。

 

 

時間的余裕があれば、次に向けての準備ができますので、
くれぐれもタイトなスケジュールにならないようにしましょう。

 

 

薬剤師の転職をスムーズにすすめるコツ

 

ここまで、転職の一連の流れをまとめてきました。
転職をスムーズに行うためには、
転職サイトのサポートが必要なことも感じられたのではないでしょうか。

 

 

 

 

業界情報の収集、求人先の検索、履歴書など書類作成、面接日時の調整、条件交渉など
あらゆる場面でコンサルタントのサポートを受けることができます。

 

 

これらすべてを自分一人でやるのは、本当に大変な作業です。
しかも無料でサポートしてもらえるので、とてもありがたいサービスです。
転職の成功を握っているのは、
コンサルタントといかに意志疎通と言っても過言ではありません。

 

 

自分に合うコンサルタントを見つけるためにも、3社程度は登録してみましょう
とても心強い味方となるはずです。

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!