ドラッグストアで働く薬剤師の仕事と転職事情、給料

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事について

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

調剤薬局よりも年収が高い、OTC医薬品の知識が身につくなど
様々な魅力があるドラッグストアでのお仕事。
その反面、ドラッグストアの仕事は忙しい、雑用が多いなどのデメリットも耳にします。

 

 

未経験でも比較的働きやすいこともあって求人も多いドラッグストアですが、
薬剤師の転職先としてはどうなのでしょうか。
ここでは、薬剤師がドラッグストアで働く際の仕事内容についてご紹介したと思います。

 

 

 

 

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容

 

ドラッグストアでは様々な仕事がありますが、大きく分けると薬剤師以外でもできる仕事と、
薬剤師にしかできない仕事の2つに分けることができます。

 

 

薬剤師以外でもできる仕事

  • 商品の在庫管理・品出し・発注・陳列・廃棄業務など
  • 店長業務(スタッフ採用・シフト管理など)
  • レジ打ちなど含めたカウンター業務
  • お客様の接客対応
  • OTC(第二類・第三類)の販売

 

薬剤師しかできない仕事

  • OTC(第一類)の販売
  • 調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)

 

ドラッグストアに正社員として就職・転職する場合には、
薬剤師の専門性を発揮するだけではなく、
店舗経営を行うビジネスマンとしてあらゆる業務に取り組んでいくことなります。

 

 

ビジネスとして成果を残していくことにやりがいを感じられる方には、
ドラッグストアという職場は最適な職場ではないかと思います。

 

 

薬剤師がドラッグストアで働くことのメリット・デメリット

 

メリット

  • 店舗管理・店舗経営など幅広い業務に取り組める。
  • 店長など責任のある仕事を任されるケースも多い。
  • OTCなど幅広い知識が身につく
  • 調剤薬局、病院と比較して給料が高め。
  • 店舗が多いため、希望のエリアで働きやすい。
  • 大手企業が多いため、教育制度や福利厚生が充実している。

 

 

デメリット

  • レジ打ちや商品の棚卸など雑用もある。
  • 就業時間が不規則になりがち。土日が休みでない場合もある。
  • 医薬品以外の業務も扱う必要があり、薬剤師としての専門性を活かしきれない。
  • 昇給などの給料アップの機会が少ない。
  • 第一類の医薬品は薬剤師しか扱えないため、シフトによって休みづらいこともある。

 

 

以上がドラッグストアで働く事のメリット・デメリットです。
業務内容が多岐に渡り、ハードな部分もありますが、
経営面での知識などを習得できるなど調剤薬局よりも学べる点も幅広くある仕事です。

 

 

また、パートタイマーで働く薬剤師も多いため、
主婦やママ薬剤師など働ける時間が限られている人でも働きやすい職場でもあります。

 

 

 

 

薬剤師のドラッグストア求人の探し方

 

ドラッグストアの求人は、病院や企業など他の薬剤師の職種と比べると、
常に募集している職種なので求人も見つけやすいです。

 

 

近くのドラッグストア等に張りだされている求人募集や求人情報誌などの方法もありますが、
やはり薬剤師転職サイトを利用するのが一番効率的な方法だと言えます。

 

 

求人情報だけでは、職場の雰囲気や残業の有無などを把握することはできません。
そういった紙面だけでは伝わらない求人先の具体的な内容も
転職サイトのコンサルタントであれば、しっかりと確認して情報を聞き出してくれます。

 

 

待遇や条件に関しても交渉してくれるケースもありますので、
至れり尽くせりなサービスが受けられることも求人サイトの魅力です。

 

⇒ドラッグストアの求人を探すならコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!