病院薬剤師の仕事内容と転職事情 病院への転職は可能?

病院薬剤師の仕事内容や転職・求人について

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

病院で働く薬剤師に憧れを持って、薬学部に進み薬剤師資格を取得した人も多いと思います。

 

ここでは、薬剤師が病院へ転職するための心得を考えたいと思います。

 

 

 

 

病院薬剤師の仕事内容

 

病院で働く薬剤師の仕事は多岐に渡りますが、主には下記のような仕事があります。

  • 調剤・製剤
  • 服薬指導
  • 薬歴管理
  • 注射薬の調剤
  • 医薬品情報の管理
  • 医薬品の管理および供給
  • 処方の設計

 

病院勤務の薬剤師は、医療チームの一員として仕事をするという特徴があります。
この点は、他の調剤薬局やドラッグストア勤務とは大きく異なるところです。
ドクターやナースなど他の職種のスタッフと連携する仕事が多くなります。

 

 

薬剤師が病院で働くことのメリット・デメリット

 

病院薬剤師に憧れる人は多いですが、
実際に働いてみて理想と現実のギャップを感じる人は少なくありません。

 

病院薬剤師に転職したい人が考える「メリット・デメリット」と、
実際に働いて感じる「メリット・デメリット」を紹介します。

 

病院薬剤師に転職したい人が考えるメリット

  • 入院患者の方々と直接コミュニケーションをとることができる
  • 入院患者が回復していくのを見ることができる
  • 薬学に関する専門知識を活かせる
  • 医師や看護師などと協働して仕事ができる
  • カルテを見ることができるため、医学的な観点からも薬学についての理解が深まる

 

 

病院薬剤師に転職したい人が考えるデメリット

  • 薬剤師の中では年収は低い傾向がある
  • 夜勤や時間外労働などが多い
  • 調剤薬局と比べると患者との接点は少ない

 

病院薬剤師は、医師や看護師など専門職スタッフと連携しながら、
医療現場の最前線で働けるということや
医師が書いた患者のカルテを見ることもできるため、
医学や薬学についての専門知識を深めていきたい人には憧れの職場となるようです。

 

 

では、実際に病院薬剤師として働いた人が感じるメリット・デメリットはどうでしょうか。

 

病院薬剤師で働いている人が考えるメリット

  • 医師、看護師、事務、臨床検査技師、放射線技師、臨床工学士、栄養士、社会福祉士、理学療法士など他職種の人とのかかわりが不可欠であるため折衝力が身についた
  • プライベートでも付き合える患者ができた
  • 民間病院の経営は非常に厳しく、薬剤部という立場も弱いため、所属長ともなるとマネジメント力、人材管理力、折衝力、法律知識などが自然と身に付く

 

 

病院薬剤師で働いている人が考える デメリット

  • 人事評価制度がないため、努力しても給与や昇給などに結びつかず働きがいがなかった
  • 教育システムは整っていないため、自己研鑽しないと多方面の知識習得は困難だった
  • 病院薬剤師にとって、診療報酬制度が病院薬剤師の業務に合わない実感があった
  • 病院薬剤師の立場が弱いことと、薬局長の考えで病院により業務内容やモチベーションにかなり差が合った
  • 国公立病院は、医師研修施設・研究施設的な位置づけで予算がついており閉鎖的なイメージで、民間病院は、病気が治らないと評判にかくぁるために治療施設的なイメージがあり、開放的である。

 

 

 

 

病院薬剤師への転職を成功させるには?

 

実際に働いて感じるデメリットからわかるように、
病院は勤務先によって理想と現実のギャップがとても大きくなることがあります。

 

理想を抱いて病院薬剤師に転職したものの、
働き始めると「思っていた病院薬剤師の仕事ではなかった」と感じる人が少なくありません。

 

そのため、病院薬剤師に転職したい人は、事前に求人先の情報収集が非常に重要です。
求人情報に乗っているような情報ではなく、
実際に働いている人が感じるリアルな情報をどれだけ入手できるか
転職最高のカギと言っても過言ではありません。

 

 

そういった情報を個人で集めるのは非常に困難ですので、
転職サイトのコンサルタントに相談することをおすすめします。

 

 

 

 

転職サイトのコンサルタントは、求人先に訪問したり、
働いている薬剤師から話を聞くなどしていますので、
内部のリアルな情報を教えてもらえます。

 

 

また、病院薬剤師への転職が難しい理由として、
調剤薬局などに比べて求人数が少ないということがあります。

 

中途採用の募集が出るパターンは、
薬剤師の欠員が出た場合新卒内定者が国家試験に落ちて入社できなくなる
ことによる募集です。

 

欠員補充の場合は求人が出るタイミングはケースバイケースですが、
新卒内定者の辞退の場合は3〜4月に募集が出ることが多いので、
その時期は狙い目です。

 

 

特に人気の病院は、公開するとすぐに採用枠が埋まってしまうため、
転職サイトの非公開求人となっています。

 

 

転職サイトに登録していなければ求人を見つけることすらできません。

 

非公開求人は、コンサルタントが条件に合う薬剤師に直接紹介することもあるため、
あらかじめ転職サイトのコンサルタントに病院求人が出たら教えてもらうように
お願いしておくことをおすすめします。

 

病院薬剤師求人を探すのにおすすめの転職サイトを紹介していますので、
ぜひこちらも参考にしてくださいね。

 

⇒病院薬剤師の求人を探すならコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!