薬剤師のストレスによる体調不良「パニック障害」

薬剤師の悩み−ストレス二によるパニック障害

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師はミスが許されないプレッシャーの多い仕事であることや
閉鎖的な職場環境でストレスがかかりやすい仕事と言われています。

 

また、薬剤師は真面目な人が多く、精神的なストレスを感じていても
「頑張らなくてはいけない」「休んだら周りに迷惑がかかる」
と思って無理をしてしまう人が少なくありません。

 

 

そんなストレスにさらされる職場環境が原因で、
パニック障害を発症してしまう薬剤師さんもいます。

 

パニック症とはどのような症状があり、どのように対処したらいいのかを紹介します。

 

 

パニック障害とは

 

パニック障害は急に恐怖や不安と動機、息苦しさなどの身体症状が襲ってくる病気です。
パニック障害の症状を紹介します。

 

パニック発作

パニック障害の中心となる症状はパニック発作です。
10分ほどでピークを迎え、短時間の間に症状は治まることが多いです。

 

普通、思いがけない事態やハプニングがおこり「パニックになる」ということはありますが、
パニック障害は何もない状態でパニック発作が起こります。

 

パニック障害のパニック発作では、「自分がもう死んでしまうのではないか」
というほどの不安や恐怖に襲われてしまいます。

 

 

予期不安

パニック発作を繰り返しているうちに、
「また発作が起きるのではないか」という強い不安(予期不安)を感じてしまう症状です。

 

今度こそ死んでしまうのではないか…といった予期不安でいっぱいになり、
毎日の生活にも大きな支障が出るようになります。

 

 

広場恐怖

パニック発作を経験すると、以前に発作を経験した状況に対して恐怖を抱くようになります。

 

「たくさんの人がいる場所で発作が起きてしまったらどうしよう…」と考えてしまい、
街中やバスや電車などの公共交通機関を利用できなくなってしまいます。
ひどくなると外に出られなくなる人もいます。

 

 

パニック発作になる原因

 

パニック発作の患者さんには、女性や若年者が多いことが知られていますが、
それ以外にストレスが引き金になることが考えられています。

 

通常、人間は危険に対する信号として「恐怖心」や「不安感」を感じるようになっており、
恐怖や不安を感じることで、深く考えなくても危険を未然に避けるようにできています。

 

 

しかし、ストレスによりこの信号を感じるメカニズムがおかしくなると、
必要でないタイミングでも脳が恐怖や不安という信号を送り続け、
突発的に不安感や恐怖感が襲ってくるようになるのです。

 

本当には危険なことは起こっていないにも関わらず、
脳の内側の心理状態では恐怖心でいっぱいになっています。

 

 

薬剤師がパニック障害になる理由

 

精神的プレッシャーの多い仕事

薬剤師は医薬品を通して患者さんの命にかかわる仕事をしています。
そのため、毎日の仕事の中で常にストレスやプレッシャーを感じながら仕事をしている状態です。

 

 

調剤過誤や監査ミスで医療事故を起こさないようにしなくては…
という責任を重く感じてしまい発作が起きてしまうことがあります。

 

 

人間関係や労働環境の疲労感

薬剤師の職場は狭い調剤室で、何時間も同僚と顔を合わせなければいけません。
嫌なことがあっても、他の場所にいって時間や距離を置くことができない環境です。

 

そのため、ストレスが溜まってもなかなかリフレッシュできず
ストレスを解消できぬまま溜め続けている薬剤師さんが多いです。

 

また、忙しくハードな仕事内容や日々の過酷な残業などで
肉体的な疲労感も少なくありません。
疲労はパニック障害を誘発してしまう原因でもあります。

 

 

パニック障害の治療や対応方法は

パニック障害の治療には、主に薬物療法でパニックを抑えながら、
合わせて精神療法で不安や恐怖心を乗り越えていきます。

 

精神療法

精神療法(認知行動療法)は、考え方や受け止め方、
思い込みのゆがみや偏りを修正しながら行動することで認識を改めて行く方法です。

 

パニック発作は薬で抑えることはできますが、
予期不安や広場恐怖は誤った認知が原因となっているためです。

 

いきなり恐れている場所に身をおくと大きな苦痛を伴い、逆効果になりかねないので、
医師と相談しながら不安が少ない場所や状況からトライし慎重に進めていきます。

 

 

パニック障害は心身ともに感じるストレスが原因になるため、
パニック障害を乗り越えるためには、精神的に安定できる環境を作ることが重要です。

 

もし、今の職場がストレスが多いのであれば、
もう少し楽に働ける職場を探してみてもいいのではないでしょうか。

 

残業など仕事の忙しさや休みの取りやすさはもちろんですが、
人間関係など気持ちの余裕を持てることが大切です。

 

 

パニック障害で転職する時の注意点

 

パニック障害を持ちながら仕事を続けることは、楽なことであはありません。

 

特にパニック障害の引き金となるストレスの原因が今の職場にある場合は、
環境を変えることで症状を軽減することができる可能性が高いです。

 

いっそのこと、仕事をやめてしまおうかと悩む人も多いのですが、
仕事を辞めてしまうと収入が激減し、経済的不安が出来てしまう…ということもあるので、

 

フルタイムでの仕事が負担になるようであれば、
パートやアルバイトといった働き方も考えてみてください。

 

 

新しい職場選びのポイントは次のようなところです。

 

  • 休みがしっかり取れる職場
  • 残業がなく規則正しく帰れる職場
  • 人間関係によるストレスが少ない職場

 

 

このような職場はあまり多くなく人気も高いので、見つけるのが大変であることは事実です。
しかし、全くないわけではありませんので、決してあきらめないでください。

 

 

自分一人で見つけるのは大変ですので、
転職サイトなどプロにお願いするようにしましょう。

 

転職サイトのコンサルタントは、たくさんの求人を把握していて、
あなたの希望に合う求人を紹介してくれます。

 

 

コンサルタントにあなたの現状をしっかり伝えれば、
安心して働ける職場探しをサポートしてくれます。

 

同じような状況を乗り越え薬剤師として楽しく働いている人もたくさんいますので、
そういった薬剤師さんのケースについて聞いてみるのもとても参考になるはずです。

 

 

親身になって相談にのってくれる薬剤師転職サイトをまとめていますので、
ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

 

⇒コンサルタントに現状を相談してみる


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!