薬剤師の不妊の原因はストレス?−女性薬剤師の悩み−

薬剤師の仕事のストレスは不妊につながる?

新人薬剤師が入職する前の2〜3月は好条件の求人が多く転職のチャンスです!

また、新卒入社がある4月以前の入職は研修が手厚いこともあり、しっかり研修を受けて仕事を始められます。 好条件の多い2〜3月求人は早めのチェックがおすすめです!

非公開求人など求人情報を確認するならコチラ⇒

 

どのような仕事内容や職場環境であっても、
少なからず仕事をしているとストレスを感じることがあるのではないでしょうか。

 

特に薬剤師の職場は、忙しくてピリピリした職場や
人間関係によるストレスを抱えている人も多く、

 

妊活中の方が仕事を続けていくのに
おすすめの職場とは言えないところもあるのも事実です。

 

 

しかし、辞めたくても辞められない事情があったり、
簡単に決断できないのも当然のことだと思います。

 

ここでは、仕事のストレスからくる妊娠の影響や、
仕事を辞めることや転職することでのメリット・デメリットについてまとめました。

 

 

仕事のストレスと不妊の関係

 

女性薬剤師の多くは、薬剤師として働いていると
「あれ、生理が遅れてる…」と
生理不順を経験したことがあるのではないでしょうか。

 

 

仕事で神経を使いすぎたり、ストレスがかかることによってホルモンバランスが乱れ
生理周期が乱れたり排卵が起こらなかったりすることが多々あります。

 

こういったことからも仕事のストレスが
妊娠や不妊に何らかの影響がある可能性は否定できません。

 

 

もちろん仕事を続けながらでも
妊娠・出産をしている薬剤師さんもたくさんいます。

 

子供ができやすい体質、男性側の影響、パートナーとの相性、生活環境など
様々な原因があるため、単純に判断できない問題ではありますが、
私の周りで仕事をしながらでも
妊娠・出産した人の傾向として次のような共通点がありました。

 

 

  • 休みの日は仕事のことを忘れる
  • 些細な事を気にせず、楽しいことは思い切り楽しむ
  • 仕事をあまりつらいと思わず、やりがいを感じている
  • プライドが高くなく、のんびりした性格
  • 勉強はするけど、周りとの競争心は少ない

 

 

逆に休みの日も仕事のことを考えてしまうタイプや思いつめてしまったり、
神経質になってしまうのは、
やはりホルモンバランスに影響を与えることがあるのかもしれません。

 

 

不妊治療のために仕事を辞めるメリット

 

仕事のストレスから解放される

どのような仕事であっても、ストレスが全くない職場は無いと思います。
そのため、仕事を辞めることで、当然ながらストレスを軽減することが可能です。

 

しかし、経済的に苦しい家庭などでは、
仕事を辞めることで新たに別のストレスや悩みが発生することもあるので、
それぞれの家庭環境に合わせて選択を行うようにするようにしましょう。

 

 

リラックスした時間がたくさんできる

薬剤師の仕事は医薬品を扱い患者さんの健康に影響する仕事であるため、
ミスをしてはいけないというプレッシャーを感じながら仕事をしていると思います。

 

緊張感が続いた状態は交感神経が優位になっており、
この状態が長く続くと
休憩やリラックスの副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。

 

職場を離れ趣味や友達との時間を作れるようになると、
自律神経のバランスを整えることができ、
ホルモンバランスの安定にもつながります。

 

 

生活リズムが整えられる

妊娠しやすい体質作りには、
夜10時〜2時を含んだ6時間は睡眠をとることが大切です。

 

仕事をしていると、寝る時間が遅く睡眠時間の見時間生活が続きがちです。
就寝時間が不規則で睡眠時間が短くなるとホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

仕事をやめることで、睡眠時間をはじめゆとりある生活リズムを作ることができます。

 

 

不妊治療に専念できる

家事や仕事をしながら不妊治療の病院に通うのは、大変なことです。
排卵日に大事な仕事が入ってしまったら、
また次の排卵日まで治療が進まないといったことも起こりえます。

 

仕事を辞め時間的余裕、精神的余裕ができることは、
治療に専念できるというメリットがあります。

 

 

不妊治療のために仕事を辞めるデメリット

 

家にいる時間が長くなる

仕事をやめると掃除洗濯や食事の準備など家事が生活の中心になり、
家庭で過ごす時間が長くなります。

 

これまで外でバリバリ働いていた人は、
家にずっといることをストレスに感じる人も少なくありません。

 

うまく息抜きをしながら、バランスを取る方法を考えておくようにしましょう。

 

 

収入が減る

不妊治療を行うにはお金がかかります。
仕事を辞め収入源が減ってしまうと、
夫の収入や貯蓄で治療費を払わなければいけません。

 

経済的理由から仕事を辞められないという人もいるかもしれませんが、
薬剤師の場合は働き方や職場を変えることで解決する可能性もあるので、
転職サイトのコンサルタントに相談してみてはどうでしょうか?

 

 

仕事のストレスが不妊につながっていると感じているなら

 

「仕事をしているから妊娠できない」
「仕事をやめれば妊娠できる」ということは一概には言えません。

 

しかし、仕事のストレスが不妊治療にいい影響を与えないことは
言えるのではないでしょうか?

 

もし、今の職場が忙しすぎて過酷であったり、
仕事のストレスで休みの日もリラックスできない状態なのであれば、
働くペースを落としてみたり、
職場環境を見直してみることで何か改善されることがあるかもしれません。

 

 

薬剤師の場合は、今の職場にこだわる必要は全くありません。

 

「正社員で働いていのをパートにしてみる。」
「病院勤務で夜勤があったので、調剤薬局に転職してみる」

 

そういった自分に合った新しい職場も見つけることができるのは、
とても恵まれたことだと思います。

 

新しい職場を自分一人で探すには限界がありますので、
転職のプロである転職サイトのコンサルタントに相談してみてください。

 

あなたの希望に合った求人を紹介してもらえます。

 

 

転職サイトに登録したからと言って、
転職しなければいけないわけではありません。

 

 

ピンとくる求人がなければ転職しなくても全く問題ないので、安心してください。
コンサルタントへの相談はすべて無料でできるので、まずは気軽に聞いてみましょう!

 

⇒働き方について相談してみる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!