薬剤師として在宅医療に関わりスキルアップしたい!

これからの薬剤師に求めらる在宅医療

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

調剤薬局で働く薬剤師は、病院薬剤師などと比べると医療関係者ではありながら
患者との距離が一番遠い存在であることは確かです。

 

 

薬剤師として働いているけれど医師が処方した薬を調剤するだけの日々にうんざりし、
「もっと医療の現場に関わりたい!」「患者さんと直接触れ合いたい!」
と思っている人も多いと思います。

 

 

医療従事者としてもっとやりがいのある仕事がしたいならば、
患者さんの家に在宅訪問し服薬指導などを行う在宅医療薬剤師がおすすめです。

 

 

直接患者さんとコミュニケーションを取り、
患者さん一人一人に合わせた投薬計画を立てるのが主な業務です。
薬局で医師の処方通りに調剤するのとは違った責任が生じますから、
やりがいを持って仕事をすることができるでしょう。

 

 

 

在宅医療での薬剤師の役割

 

今の日本が抱えている問題の一つに高齢化社会があります。
国も高齢化社会に伴う医療費増大を懸念して、高齢者の医療費抑制のために
入院治療ではなく在宅治療を推進する方向へ向かっています。

 

 

在宅療養の患者の大部分は慢性疾患を抱えており、
薬物医療を必要としていますが、忙しい医師の訪問回数は限られています。

 

 

薬の管理は訪問看護師が兼務している場合が多いですが、
看護師は薬の専門家ではありません。
また、介護スタッフの大部分も医療に関する知識が乏しいため、き
ちんとした薬物管理が行われていない現状があります。

 

 

処方せん通りに服薬できていなかったり、飲み忘れで薬が余ってしまったりすると、
肝機能や腎機能低下による副作用発現リスクにも注意が必要となってきます。

 

 

そのため、薬剤師が患者さんの自宅に訪問して、
服薬の説明や指導、管理を行うことが重要になってきます。

 

 

在宅業務の薬剤師は、まだまだ新しい分野ですから、
業務に対応できる薬剤師は不足していますので、経験を積んでおくと
将来のキャリアアップにも繋がります。

 

 

在宅医療に求められる薬剤師のスキル

 

これからの在宅医療で薬剤師が活躍するために必要なスキルをご紹介します。

 

コミュニケーション能力

 

患者の居住先というプライベートな空間で、服薬の状況を確認し話を聞いてもらうためには、
患者やその家族との信頼関係が必要です。
正確な情報を得たり、患者の希望や要望をうまく引き出すには、
薬剤師にコミュニケーション力が求められます。

 

また、医師とケアマネージャーが別々にケアプランをたてている場合や
コミュニケーションがなかなかとれないという場合でも、薬剤師が両者のかけ橋となり、
パイプ役として活躍することも求められています。

 

在宅医療に求められる大切なポイントは「連携」であり、
患者に関わる家族、医療従事者などすべての人が円滑に情報を共有しあうことです。

 

 

総合的な知識・スキル

 

調剤・処方に集中する薬局での業務とは異なり、医師の処方設計に協力するための
専門的な知識、バイタルサインを診れるようになることも求められています。
必要に応じて注射剤や点滴の無菌調整技術なども身につけます。

 

また、指導内容は、薬の説明・保管方法・残薬の確認・服用方法の検討・副作用チェックなど
業務内容は多岐にわたります。
相互作用のチェックなどもあるため、サプリメントのことも学んでおかなければいけません。

 

その他、おむつなどの介護用品やその他の医療材料について質問を受けることもあります。
薬のこと以外は断るのでなく、出来るだけ情報を仕入れてアドバイスする姿勢が大切です。

 

 

薬剤師として在宅医療はスキルアップに最適

 

特定の医療機関で患者を見る時代から、
地域全体で協力してフォローする体制が求められる時代に変わってきました。
在宅医療を受ける方が増えるほど、さらには高齢者の割合が増えるほど、
薬剤師による在宅医療への介入の重要度・必要度は高まっていきます。

 

 

そのため、在宅患者のもとを訪問する薬剤師の経験は、
今後の薬剤師にとっても非常に重要なスキルになるのは間違いありません。
在宅業務は、まだまだ新しい分野ですから業務に対応できる薬剤師は不足しています。
ですから、経験を積んでおくとキャリアアップにも繋がります。

 

 

一般社団法人日本在宅薬学会は、
2013年4月1日から在宅療養支援認定薬剤師制度をスタートしました。
薬剤師としての知識や技能、マナーを高め、
他の医療従事者と協力して薬物治療管理を実践できる薬剤師を育成するための制度です。

 

 

薬剤師としての知識やスキル、マナーについて、
医療チームとの強力のもと薬物治療管理を実践するノウハウについて学ぶことができます。
在宅医療に関わり、地域医療に貢献したい方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

 

在宅医療ができる薬剤師の求人を見つけるには?

 

在宅医療・薬剤師になるためには、在宅医療対応薬局へ転職する必要があります。
しかし、薬剤師の在宅業務の求人を見つける場合、在宅業務では求人は載せていません。
ほとんどが調剤薬局に付随する形で求人を載せています。

 

 

また、在宅医療に対応する薬局は、ある程度体制が整いつつある地域と、
まだ十分に浸透していない地域との格差がある状況です。

 

 

希望の勤務地ではどの薬局が対応しているのか、そこでは在宅医療薬剤師の求人があるのか、
薬局による体制支援の状況や実際の介入度など、
転職のために得なければならない情報がいくつもあります。

 

 

自分一人でこういった情報を探すのは大変ですが、薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、
限られた情報もしっかりキャッチできます。
コンサルタントにどんどん質問し、希望にかなう転職を成功させましょう。

 

⇒在宅医療ができる求人を探すならコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!