空港で働く薬剤師の仕事!求人の確認と注意点

薬剤師として空港で働きたい!求人を探すには?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

空港で働くお仕事に憧れる人は多いのではないでしょうか?
旅行が好きで空港をよく利用する人は、
自分も空港で働きたいと考える薬剤師さんもいるかもしれません。

 

 

実は、薬剤師として空港で働く仕事もあるのです。
薬剤師として、空港で働くにはどのような仕事があるのでしょうか。

 

 

 

 

空港で働く薬剤師の仕事

 

空港のクリニックや調剤併設ドラッグストア

 

旅行中に急な病気になってしまうこともありますよね。
そのため、空港では身体の調子が悪くなった場合に対応できるように
クリニックが設置されている空港もあります。
また、ドラッグストアでは旅先で必要になる医薬品の販売もしています。

 

全ての空港ではありませんが、羽田空港を例にあげると、
空港クリニックや調剤併設のドラッグストアが設置されています。

 

空港のドラッグストアに併設されている調剤薬局は、
それほど忙しくなく処方箋枚数は1日20枚程度で、
年収380万〜550万円、時給2000円程度が給料の相場になっています。

 

 

検疫官

 

空港の検疫所における感染症に対する検疫衛生業務などを行います。
検疫官は、国家公務員であり、募集も常にあるわけではないため、
検疫官になるには狭き門でありることに間違いはありません。

 

また、検疫官は全国の空港や港への全国転勤の可能性もあります。

 

 

 

 

薬剤師が空港で働くための注意点

 

英語、中国語などが出来ると役に立つ

 

国際線も就航している空港では、世界各国の旅行者やビジネスマンが利用しますので、
英語力の必要性は高くなります。

 

最近は中国、韓国、台湾などアジアからの旅行客が非常に増えているため、
海外から来られた人達が体調を崩してしまった場合に、対応できる語学力があると
便利であることに違いありません。

 

英語や中国語が得意で、語学力が活かせる仕事がしたい薬剤師にはおすすめの仕事です。

 

 

空港の薬剤師求人は数が少ない

 

全国の空港数は限られていますし、空港で働く薬剤師に人数もそれほど多くありません。
常に募集が出ていないこともあるため、募集が出たタイミングを見逃さないことが重要です。

 

 

自分一人で常に求人情報をチェックしておくのは大変な作業ですし、
見逃してしまう可能性も高いです。

 

 

そのため、まずは薬剤師転職サイトに登録しておくことをおすすめします

 

 

 

 

求人が出ていない場合でも、コンサルタントに空港で働きたいということを伝えておけば、
求人が出た時に連絡をもらうことができるので、
タイミングを逃すことなく効率的に転職活動を行うことができます。

 

 

転職サイトを利用する場合に気をつけなければいけないことがあります。
薬剤師転職サイトによって扱っている求人案件が異なるということです。

 

 

空港での薬剤師求人のようにレアな求人を探す場合は、
1社だけでなく少なくとも3社程度複数の転職サイトに登録しておきましょう

 

 

そうすることで、より確実に求人を見つけることができるようになります。

 

 

⇒空港での求人を探すならコチラ!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!