もっと患者さんと関わりたい!そんな薬剤師におすすめの仕事

もっと患者さんと関わりたい!という薬剤師におすすめの仕事

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師として患者さんの健康に貢献したいと胸を膨らませ、入社した人も多いと思います。

 

 

しかし、現実は調剤室で、調剤作業をするばかりで
患者さんに接する機会がない薬剤師も多いでしょう。

 

 

当初抱いていた理想と実際の職場のギャップに悩む薬剤師も少なくありません。
ここでは、薬剤師として患者さんとどのように関わったらいいのかをまとめました。

 

 

 

 

薬剤師の患者さんとの関わり方の悩み

 

患者さんとのコミュニケーションで感じる薬剤師の悩みは次のようなものがあります。

 

  • 症状を聞いても答えてもらえない
  • 「薬のことはわかっている」と言われ聞いてもらえない
  • 忙しい職場で作業をこなすだけで患者さんと関われない
  • 患者さんの健康に関与しているというやりがいが感じられない
  • 急いでいるからと聞いてもらえない

 

このような思いを感じている薬剤師はどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

薬剤師が患者さんとへ話す時のしポイント

 

病気の話は人に聞かれたくないもの

 

調剤薬局へ来る患者さんは、何らかの健康の悩みを抱えています。
患者さんへの対応では、安心感を与え
相手の不安を減らす手助けができるようにすることが大切です。

 

相手との距離を縮めるために自分から名乗る、
挨拶をする、アイコンタクト、笑顔で対応するなど
基本的なコミュニケーションを確認しましょう。

 

話を聞いてもらえることで、気持ちが落ち着く患者さんもいますので、
相手の話をしっかり効くことも大切です。

 

 

相手に合わせた話し方をする

 

患者さんは、病院で待たされ、薬局でもさらに待たされてイライラしています。
体調が悪い場合は、なおさらでしょう。

 

そのため、早くして欲しい、さっさと薬だけ欲しいという人も少なくありません。

 

急いでいる人、せっかちな人には、テキパキ、ハキハキと話すように心掛けましょう。
年配の方や耳が遠い方には、大きな声でゆっくりと話すなど
相手の立場になって対応することが大切です。

 

また、専門用語は患者さんに意味が伝わらない場合もあります。
専門的な医療用語は避け、わかりやすい言葉を選んで話す事も大切です。

 

 

薬剤師として理想の働き方をするために

 

患者さんの役に立ちたいという理想をもって薬剤師になったにもかかわらず、
実際はルーティン業務をこなすのに精いっぱいになることも多いでしょう。

 

ひとりひとりの患者さんと向き合うことができていないと
感じている薬剤師も少なくありません。

 

理想に少しでも近づくためにできることを紹介します。

 

 

自分の知識をスキルアップさせる

 

認定薬剤師や専門薬剤師などの資格を取得したり、自分の知識をスキルアップすれば、
別の役割の仕事を任せてもらえるようになるかもしれません。

 

 

サプリメントアドバイザーやヘルスケアアドバイザーなど
より患者さんの生活に密着した知識をつけることで、
患者さんの満足度を上げることにもつながります。

 

 

そうすれば、患者さんの方から教えてもらいたいと思ってもらえる薬剤師に
なることも可能なのではないでしょうか。

 

 

在宅医療に関わる

 

調剤薬局で働く薬剤師が、患者さんと関わりを得る最も効果的な方法は、
在宅医療に関わることです。

 

  • 在宅医療での薬剤師の仕事
  • 患者さんの自宅や施設に調剤した薬を届ける
  • 患者さんやご家族に病状を伺ったり、薬の説明、残薬の確認、副作用チェックなど服薬指導をする
  • 医師、看護師、ケアマネージャなどと連携をとりケアプランに関わる
  • 注射剤や点滴などの無菌調製を行う
  • 医療材料やおむつなど介護用品についての相談にも対応する

 

患者さんやご家族と関わることで薬剤師としてのやりがいのある仕事に取り組めます。
さまざまな医療従事者とのコミュニケーション能力も求められるとともに、
専門性の高いスキルが身につき、キャリアの幅も広がります。

 

2013年4月から在宅医療支援認定薬剤師制度がスタートしているので、
より深く在宅医療に携わりたい人は、資格取得にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

今後、高齢化が進行していく状況において、医療費抑制のため、病院ではなく自宅で医療や介護を受ける高齢者が増えていくことになります。

 

また、薬価や調剤報酬がマイナス改定となっている厳しい状況の中、在宅医療は数少ない成長分野であることは間違いありません。

 

在宅医療を推進する国の方針や地域のニーズなどを考えると、近い将来、在宅医療が薬剤師の新たな活躍の場になってくると考えられます!

 

 

病院薬剤師として働く

 

病院薬剤師であれば、入院患者やそのご家族とコミュニケーションを取る機会もあり、
やりがいを感じられるでしょう。

 

急性期病院であれば、医師や看護師と医療チームの一員として、
薬物治療に携わることも可能です。

 

ただ、急性期病院への中途での転職は、欠員が出たときのみの募集のため、
求人案件が少なく競争率が高くなります。

 

1年を通して急性期病院の欠員が出やすい時期は、3月です。
新卒者で国家試験に落ちて入職できなくなる人が出ることがあるため、
急な募集が出る可能性が高くなります。

 

あらかじめ転職サイトに登録しておきましょう!

 

 

薬剤師として患者さんともっと関わるために行動を起こしてみる

 

「もっと患者さんと関わりたい」と考えている時点で
とても向上心の高い薬剤師であることは間違いありません。

 

 

現在の職場環境、持っているスキル、目指す方向によって、
「どのような方法をとるべきか」は異なります。

 

 

自分一人で情報を集めるには限界がありますので、
幅広い情報を入手するためにも、ぜひ転職サイトを活用しましょう。

 

 

 

 

転職サイトのコンサルタントは、薬局、病院の情報を詳しく把握しています。
在宅医療に力を入れている調剤薬局、急性期病院の募集状況など
気になることは何でも聞いてみると、きっと有益なアドバイスをもらえるはずです。

 

 

転職サイトによって取り扱っている求人情報が異なりますので、
少なくとも3社に登録することをおすすめします。

 

 

理想の働き方ができる職場はきっとあります!
まずは、一歩踏み出して見てください。

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!