住宅手当が出る薬剤師求人の探し方!年収の差がつく住宅補助

住宅手当が出る薬剤師の職場で働きたい!探し方や相場は?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師の求人を選ぶときに、住宅手当を見る人は多いと思います。
転職の際、引越しが伴う場合や一人暮らしの転職など、
新しい家の家賃に対する手当はあるのかどうかは気になるところですよね。

 

 

家賃は毎月かかってくる費用なので、
住宅手当があるかないかで生涯年収としては大きく変わってきます。

 

 

一人暮らしをする薬剤師にとっても、住宅手当は重要なポイントです。

 

 

 

 

住宅手当が出やすい薬剤師の職場

 

住宅手当が支給される職場としては、
経営状態が安定していて利益を出すことができる見込みがある会社と言えます。
会社によっては、社宅や寮があることもあります。

 

 

住宅手当や借り上げ社宅制度、寮などがある薬剤師の職場

 

大手チェーンの調剤薬局
薬剤師が不足している調剤薬局
中堅クラス以上の製薬会社
全国規模のグループ系医療法人
国立病院機構、公立病院などの公務員系

 

 

薬剤師の住宅手当の平均金額について

 

一律で住宅手当を提示しているところもありますが、
家賃の一部のパーセンテージを負担していることろもあります。

 

 

住宅手当の相場は、3万円未満が8割で1〜2万円という所が多いようです。

 

 

それよりお得なのが、借り上げ社宅制度です。
借り上げ社宅制度度は、条件の範囲内で民間のアパートを会社名義で借り、
そこに住むという制度です。

 

 

家賃の一定額は、負担することになりますが、多くは家賃の20〜50%負担など
自分で借りるよりもかなり安い価格で住む事ことができます。
会社によっては、全額会社が負担してくれるというところもあります。

 

 

一般的に、家賃や広さなどの条件が決められています。

 

よくある薬剤師の借り上げ社宅制度

  • 家賃の上限が決められているが、超過分は自己負担すればどこで住める
  • 家賃の上限が決められており、その範囲内であればどこでも住める
  • 家賃の上限と地域が決められていて、その範囲内であれば好きなことろに住める
  • 会社が探してきた中から選べる
  • すでに決められていて選べない

 

その他、家の広さの上限など、会社によって規定はさまざまです。

 

 

 

 

住宅手当ありの薬剤師求人の探し方

 

住宅手当や借り上げ社宅制度、寮などがある職場を探そうと思っても、
なかなか自分ひとりでは大変です。
福利厚生が整っている職場は、薬剤師に非常に人気なので
求人が出てもすぐに埋まってしまいます。

 

 

住宅手当や借り上げ社宅がある職場を探したい場合は、
薬剤師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

転職サイトのコンサルタントは、
多くの求人情報の中から住宅手当のある職場を紹介してくれます。
自分で一つずつ探す手間がなく、効率的に探すことが出来ます。

 

 

「住宅手当あり」と書いてあっても、住宅手当が支給されるのか、
借り上げ社宅があるのかなど、細かいことはわかりません。

 

 

その他にも住宅手当が支給されるためには、
正社員として雇用されていることなど、いくつか条件があることがあります。
パートやアルバイトなどの場合は、
福利厚生が適応されない事が多いので注意が必要です。

 

 

 

 

転職サイトのコンサルタントに相談し、細かい情報もしっかりと確認しておきましょう。
家賃は毎月かかる大きな出費ですから、
それが半額になれば生活が潤うことは間違いいありません。

 

 

家賃を月5万負担してくれる職場であれば、年間60万円自己負担額が減ることになります!
すごく大きな金額ですよね!

 

 

住宅手当のある職場を探してみたいと思っているなら、
まずコンサルタントに相談してみましょう!

 

⇒住宅手当のある職場を探す!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!