デスクワークの薬剤師の仕事や求人はいろいろあります

デスクワーク薬剤師になりたい

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

調剤薬局やドラッグストア、病院など
薬剤師は一日中立ち仕事で調剤業務などをこなすため、
帰ったら疲れきっているという方も多いのではないでしょうか。

 

 

医薬品の知識や調剤業務、コミュニケーション能力だけでなく
案外体力も必要となる薬剤師の仕事ですが、
中には資料作成やデータ入力などデスクワーク中心の仕事も存在します。

 

 

立ち仕事で体力的につらいといった理由でデスクワークへの転職を
考えている人も多いと思います。

 

 

こちらでは薬剤師のデスクワークの仕事について紹介していますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

人気のデスクワークの薬剤師の仕事とは?

 

薬剤師のデスクワークの仕事として、どのようなものがあるのかまとめてみました。

 

薬剤師のデスクワーク

 

製薬メーカーや医薬品卸売会社のDI業務

 

DI業務とは、「Drug Information」の略で医薬品情報を扱う仕事です。
医薬品に関する文献や資料を管理し、
薬剤師・医師・MR・一般消費者の方の問い合わせに対応するお仕事です。
文献を読んだり、資料作成、問い合わせ対応などが主な仕事内容です。

 

 

製薬企業や医薬品卸売会社の管理薬剤師

 

製薬会社や医薬品卸会社など医薬品を保管する場合は、
管理薬剤師を置くことが義務付けられており、
保管する自社の医薬品の在庫管理などを行います。

 

企業で働く場合、「製薬会社の本社・支社」「工場」など
勤務先もいろいろあり、仕事内容も異なります。

 

「本社・支社」であれば、医薬品の管理の仕事以外に
DI業務や行政機関に提出する許認可申請の届け出などの書類作成や
ファイリングなどを担当するケースもあります。

 

「工場」であれば、品質管理・分析業務が主な仕事になります。

 

 

企業の研究開発職

 

薬剤師にとって魅力的な「研究開発職」は人気が高くハードルが高いと言えます。

 

研究職は、新薬の開発に取り組む仕事ですが、
大学院卒の学歴が必要なことがほとんどです。
また、未経験(薬局や病院など)での転職は、ほぼ不可能と言えます。

 

開発職は、研究で開発された新薬の安全性確認のために臨床試験を行う仕事です。
こちらも学歴が必要ですし、転職の場合はキャリア経験が求められます。

 

 

CRO(開発業務受託機関)

 

CROの主な業務は治験支援業務です。
データマネジメント業務やメディカルライティング業務、統計解析業務などは
主にデスクワークを中心とした仕事になります。

 

 

企業内診療所の薬剤師

 

企業内の診療所で働く薬剤師も比較的デスクワークが多く、
企業の休みに合わせて土日が休みになります。

 

 

数は多くありませんが、薬剤師のデスクワーク求人はいろいろな仕事があるのです。

 

 

薬剤師のデスクワーク求人の多くは非公開求人

 

 

 

 

薬剤師のデスクワークは事務仕事だけではなく、
医療関係者や取引先との対応といった
コミュニケーション能力が必要とされる場面が少なくありません。

 

 

また、医薬品や医療に関する情報は世界共通でもあり、
企業や職種によっては英語の能力が問われることもあります。

 

 

さらに製薬会社や医薬品卸会社での仕事となると、
自社で取り扱う製品についてより深く知っておくことや
自社の売上に貢献するような仕事が求められます。

 

 

デスクワークの企業薬剤師求人のほとんどは非公開求人になっており、
自分一人で転職活動をしていてはなかなか出会えません。

 

 

辞める人が出た時の欠員補充などがケースが多いので、
求人情報が出たタイミングをうまくキャッチする必要があります。

 

 

薬剤師の非公開求人に出会うには

 

非公開求人に出会うためには、
薬剤師専門の求人サイトに登録するのが最も近道といえるでしょう。

 

 

薬剤師求人サイトは豊富な非公開求人を抱え、
さらに、製薬会社や病院とのパイプも持っているため
「デスクワーク中心の薬剤師求人」という希少な求人情報も紹介してくれるはずです。

 

 

また、薬剤師専門の転職コンサルタントがついて相手企業と交渉してくれますから、
仕事内容や給与、残業の有無や研修体制などあなたが気になる点を確認してくれるでしょう。

 

 

今までに何件もの薬剤師の転職を手掛けていますから、とても頼りになるはずです。

 

 

デスクワークの求人はあまり表に出てこないので、
薬剤師専用の求人サイトなどでコンサルタントに相談してみましょう!

 

 

 

 

複数の薬剤師転職サイトに登録する重要性

 

求人サイトに登録する場合は、複数のサイトに登録することをおすすめします。
「どのサイトも同じような求人情報を扱っているのだから、
1つでいいのではないか」と思われるかもしれませんが、それは間違いです。

 

 

転職サイトによって調剤薬局に強いサイトもあれば、
企業と太いパイプを持っているサイトもあります。

 

 

そして、意外に大事なのが転職コンサルタントとの相性です。
あなたに合ったコンサルタントを見つけるまでは、
最低でも3件のサイトに登録してみる必要があります。

 

 

転職コンサルタントは相手企業の採用担当とコンタクトを取ったり
勤務先の業務内容や待遇を調べてくれたりする
転職者にとって転職の命綱のような存在ですから、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

⇒デスクワークの求人を探すならコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!