薬剤師の職場で研修体制が不十分なことに不安を感じる

職場の研修体制に不安を感じている薬剤師の悩み

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


薬剤師の中には、職場の教育体制に関して
不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

大手の調剤薬局やドラッグストアであっても教育体制が整っていなく、
きちんと教えてもらえないというところもあります。

 

 

私の友人が中途で入社した調剤薬局は、入社前は研修制度があると聞いていたのに、
いざ入ってみると土日に自分で勉強してテストを受けるというものでした。
先輩薬剤師からのプレッシャーもあり、とても大変な毎日を過ごしてました。

 

 

今回は、薬剤師が感じている職場の教育についてまとめてみました。

 

 

 

 

薬剤師が職場の教育体制の不安

 

  • 研修期間がほとんどない
  • マニュアルがない
  • 誰に聞いたらいいのかわからない
  • 薬剤師の離職率が高い
  • 勉強会が実施されない

 

入社後の研修がほとんどなく、すぐに調剤をすることになったり、
仕事のマニュアルもないという職場で働いている人もいるかと思います。

 

 

薬剤師の仕事は患者さんの命にかかわるプレッシャーの多い職場です。
きちんと教えてもらえず不安を抱えながら仕事をするのは、
精神的にもよくないですし、何かミスがあってからでは取り返しがつきません。

 

 

教育体制の整った職場とは

 

一般的に新入社員をたくさん抱える大手のチェーン調剤薬局やドラッグストアは、
教育担当の部署があり、社員教育体制が整っています。

 

 

製品教育から薬学知識などの新人集合研修だけでなく、
その後のフォローアップ研修、リーダー研修、管理薬剤師研修も整備されてるので、
長年勤めている薬剤師が多くなるのもうなづけますね。

 

 

医薬品は日々新しいものが出てくるので、常に勉強が欠かせません。
メーカーの勉強会や学会などにも積極的な職場であれば、
新しい知識を身につけることができます。

 

 

教育体制が整っている職場と整っていない職場では、
将来的に身につけられる薬剤師の知識やスキルも大きく変わってくるでしょう。

 

 

教育体制の整った職場を探すには?

 

大手の調剤薬局やドラッグストアは、ホームページや会社パンフレットなどで
研修体制について紹介されていますので、見てみるのもひとつです。

 

 

しかし、実際の仕事内容は店舗ごとに違います。
職場で先輩薬剤師に「わからないことを聞ける体制が整っているのか」
「きちんと教えてくれるのか」といったことは、ホームページの情報ではわかりません。

 

 

 

 

薬剤師転職サイトのコンサルタントは、
求人先に直接訪問し、教育体制などを確認しています。

 

 

また、実際に働いていた薬剤師からの口コミ情報から、
実際に転職してどうだったかという職場の実情も入手しています。

 

 

不安を抱えたまま仕事をするのは、精神的によくありません。
また、調剤ミスなどを起こす危険性も高くなるので、そういった職場はおすすめできません。

 

 

薬剤師としてこれからも働いて行くのであれば、
教育体制の整った職場でスキルアップをしていきましょう。

 

転職サイトへの登録、相談はすべて無料です。
一度、相談してみるだけでもいろいろなことが聞けますよ。

 

 

⇒転職サイトで相談してみる!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!