辞めて地元に帰りたい…と悩む薬剤師が注意すること

地元に帰りたい薬剤師の悩み、地元への転職で注意すること

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


大学に入学する際に関東や関西などに出てきて、
そのまま就職し地元を離れて働いている薬剤師もたくさんいます。

 

 

働き始めのうちは都会での一人暮らしが楽しく、
薬剤師として働いきながら休日も充実した毎日を送っていたものの、
ある程度年月が経ってくると地元に帰ろうかと考える人も少なくありません。

 

 

薬剤師が地元に帰りたいと考え転職するときに気をつけるポイントをまとめました。

 

 

 

 

薬剤師が地元に帰ろうと考える理由

 

地元を離れ働いている薬剤師が、地元に帰ろうかなと思う瞬間は様々あります。

 

  • 仕事のストレスなど都会の暮らしに疲れた
  • 実家で暮らす両親が心配
  • 地元で結婚したい
  • 体調が悪く一人暮らしが心細い
  • 自然のあるところで健康的な生活がしたい

 

 

薬剤師は、調剤ミスへのプレッシャーや患者さんからのクレームなど
仕事のストレスで精神的に疲労感を感じている人が多いです。

 

 

仕事でクタクタになり、ひとり暮らしの家に帰る毎日を繰り返していると、
「地元に帰ろうかな」という思いが沸いてくるのも当然のことかもしれません。

 

 

地元に帰りたいという理由で転職することは、正直に伝えてもマイナスになりません。
「両親が心配」といったことや「地元に貢献したい」というのは、素晴らしい理由です。

 

 

ただ、地元での求人先を選ぶときには注意が必要ですので、気をつけるようにしましょう。

 

 

薬剤師が地元の求人を探すときの注意点

 

薬剤師はまだまだ不足している地域が多く、求人はたくさんあります。
特に地方は、まだまだ慢性的に薬剤師不足が続いているため、
給料アップなど好条件の求人を見つけることが可能です。

 

 

地方の調剤薬局や病院は、薬剤師を確保するのが大変なので、
好条件を掲示しているところが多いです。

 

 

ただ、条件面だけで決めてしまうと入社してから
「人が少なくて忙しすぎる」「人間関係が悪くてつらい」
といったミスマッチが起こりやすくなります。

 

 

地元の狭いコミュニティでは、人間関係のしがらみで辞めにくいこともあるので、
求人先を選ぶ際は情報収集をしっかりと行い、慎重に行いましょう!

 

 

求人先の情報を集めるためには、転職サイトを利用するのが一番確実です

 

 

 

 

離れた地域の情報は、自分ではなかなかわからないため、
転職サイトのコンサルタントに教えてもらいましょう。

 

 

転職サイトのコンサルタントは
全国の調剤薬局や病院、ドラッグストアの情報を把握しています。

 

 

あらかじめ求人先の雰囲気や評判、勤務条件などをコンサルタントに聞いて、
あなたの希望に合う転職先を見つけてくださいね。

 

 

地元での求人を探す場合、全国エリアに対応している転職サイトを選びましょう。
転職サイトによっては、都心部だけといったこともあるので注意してください、

 

 

⇒全国対応のおすすめ転職サイトはコチラ!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!