薬剤師からCRAへの転職、仕事内容、収入、注意点について

薬剤師からCRAへ転職!仕事内容は?残業時間は?年収は?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

CRAは製薬会社の立場から、治験がGCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)に基づいて
適正に実施されているかを監視(モニタリング)します。

 

 

CRC(治験コーディネーター)に比べて、製薬会社とのやりとりが多いことと
スーツを着て仕事をすることから企業色が強いのも特徴です。

 

 

治験コーディネーターに比べて、折衝能力が求められますが、
新薬開発に携わりたいと考えている薬剤師にはとてもやりがいのあるお仕事です。

 

 

 

 

CRA(治験コーディネーター)の仕事内容

 

治験を実施する医療機関や医師を調査

 

医療機関や医師がGCP(治験実施する際に遵守すべき基準)を遵守して
治験を実施できるかどうかを調べます。

 

 

医療機関の治験審査委員会のSOP(標準業務手順書)や内規を見せてもらい、
しっかり運営されているかを確認します。
また、治験責任医師が治験経験が十分にあるかどうかも調査していきます。

 

 

治験の契約

 

IRB(治験審査委員会)メンバーや治験の費用や補償、賠償費用について確認を行います。
プロトコル(治験実施計画)や治験責任医師の責任分野について確認し、
治験契約を締結するため、交渉力が試されます。

 

 

医師や治験コーディネーターなどに治験の説明、治験薬を交付

 

医師や治験コーディネーターを中心に治験薬やプロトコールの説明を兼ねた勉強会を実施し、
医療現場の方に理解を深めてもらいます。

 

 

治験実施計画書を遵守しているかモニタリング、報告書作成

 

治験がプロトコール(治験実施計画)に沿って行われているか違反がないかを確認します。
その後、モニタリング報告書作成までがモニタリング業務です。

 

 

治験の終了手続き

 

医療機関のSOP(標準業務手順書)に従って手続きをおこない、
最後にCRF(症例報告書)や必須文書関係で問題が残っていないかどうかを確認します。
申請処理や医薬品機構の書面調査と実地調査の対応が終われば
全ての治験が終了したことになります。

 

 

CRA(臨床開発モニター)の残業時間や年収

 

土日が休める職場もあれば、残業続きで全国各地に出張をする会社など
職場環境はさまざまです。

 

 

未経験から転職されたCRA(臨床開発モニター)の月の給料は、
月収25〜27万円+残業代(外訪手当)、賞与が2〜4カ月程度といったところが多いようです。

 

 

臨床開発モニター(CRA)の年収に換算しますと350万〜450万円になるケースが一般的です。
治験案件の取りまとめができるようになると役職手当が付き、年収も大幅に上がります。

 

 

また英語ができるようになると国際共同治験の案件など携われる仕事の幅が広がり、
さらなる年収UPが見込めます。

 

 

仕事としては、忙しいかわりに、その分、給料で還ってくるのも特徴ですので、
お金を稼ぎたい方にオススメできる職業です。

 

 

 

 

CRA(臨床開発モニター)に向いているのはどんな人?

 

病院の中で被験者と接することはありませんが、医師と接したり、
時にはカルテを読むこともありますので、医学的な知識や経験が必要とされています。
業務の中では事務作業が占める割合が多いので、事務処理能力等も必要となります。

 

 

治験の成功の鍵は司令塔であるCRAが握っているといっても過言ではありません。
医師や治験コーディネーター(CRC)など様々な立場の方と
綿密な情報交換を行いますので、高いコミュニケーション能力がなによりも求められます。

 

 

CRAはCRCの場合と同様に、薬剤師や看護師、MRなどの経験者が大多数を占めています。
医学・薬学の進歩に伴う知識不足が問題となっているため、
専門知識の高い人材が求められている点があげられます。

 

 

CRA(臨床開発モニター) になるには?

 

臨床開発モニターの給料は高めで、中途入社をする人も多いです。
転職サイトには全国各地の臨床開発モニター(CRA)の求人情報が掲載されています。

 

 

応募にあたっては未経験可の場合もありますが、ある程度の経験が必要だったり、
英語力が必要などの条件を求められる場合もあります。

 

 

転職サイトに登録すると、専任コンサルタントが希望条件に合った仕事を紹介してくれ、
自分では見つけられない求人情報にも出会えるでしょう。

 

 

⇒おすすめの転職サイトはコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!