一人薬剤師の現場は悲惨なのか!?監査は?休憩は?

一人薬剤師のメリット・デメリット、監査や休憩はどうしてる?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

通常、調剤薬局では複数で何人かの薬剤師がいて、複数で業務を行うことが一般的です。
調剤と監査は別の人が行い、ダブルチェック体制をとったり、
複数の目を通すことで、ミスを未然に防ぐ対策をしています。

 

 

事務員の人がいれば、処方せんの入力や保険に関わる業務を担当してくれます。
しかし、患者さんの少ない店舗では、経営の面から見ても、
薬剤師が一人で勤務していることがあります。

 

 

その場合、「処方箋のチェック、処方内容の入力、調剤、監査、服薬指導、薬歴を書く」
といったことを行わなければいけません。
そのような「一人薬剤師」についてまとめました。

 

 

 

 

一人薬剤師で働く薬剤師の職場

 

一人薬剤師とは調剤薬局などで調剤から、監査、服薬指導、患者の対応からレセプトの入力、
医薬品の管理まですべてを一人で行う薬剤師のことです。

 

 

ドラッグストアでOTC医薬品の販売も行いながら薬剤師の調剤業務も
一人で行わなければならない場合もあります。

 

 

経営的な理由で薬剤師が一人で勤務しなければいけない場合もあれば、
突発的な状況や経営状況の悪化などで結果的に一人薬剤師になってしまうこともあります。

 

 

一人薬剤師で働くメリット

 

スキルアップができる

 

否が応でもすべて一人でやらなければいけません。
強制的に仕事をこなさなければいけない環境のため、
かなりの知識や経験が得られスキルが身につくとは間違いありません。

 

発生するさまざまな問題も自分で判断して解決し、乗り越えていかなければいけません。
一人薬剤師を経験すると、どんな職場でもやっていける自信がつくのではないでしょうか。

 

 

人間関係のわずらわしさがない

 

調剤薬局は狭い環境で勤務するので、人間関係が悪化しストレスも少なくありません。
一人薬剤師は、職場の面倒な人間関係がなく、他の薬剤師に気を遣う必要がありません。

 

レセプト枚数が少なくのんびりした環境の一人薬剤師の職場もありますので、
そういったところであればマイペースに仕事をしたい人にはおすすめかもしれません。

 

 

給料が高い

 

一人薬剤師は業務量が多く大変なため、給料が高いことがほとんどです。
処方箋枚数が少なく、残業もないのに、年収が高い場合などは、
一人薬剤師である場合が少なくありません。

 

特に薬剤師不足の地方では、住居や引っ越し費代の支給がある好待遇の求人もあります。

 

 

一人薬剤師で働くデメリット

 

責任が重くミスが怖い

通常、調剤過誤を防ぐために調剤された薬を調剤した薬剤師とは別の薬剤師がチェックする
「ダブルチェック」が行われます。別の人間が監査することでミスを発見するためです。

 

しかし、一人薬剤師の場合、調剤した薬を監査してくれる薬剤師がいないため、
自分でチェックしなければいけません。

 

薬剤師のミスは患者さんの命にかかわるリスクがあるため、責任が重い仕事です。
そのため、一人薬剤師でのミスが怖く不安で、ストレスを感じる薬剤師も少なくありません。

 

 

患者さんを待たせてしまう

 

すべてを一人でやらなければいけないため、業務量が非常に多く時間がかかります。

 

処方箋を受け取ったときに「薬剤師が私一人のため、少しお時間を頂くことになりますが」
と説明しても、限度があります。

 

混雑してきたり、一包化や複雑な処方がくると長時間かかってしまうケースもあります。
待ち時間が長くなると、クレームになることも少なくありません。

 

調剤室はガラス張りで丸見えなので、
調べ物をしていると患者さんからは何もしていないように見えクレームになったり。
そのような患者さんからのプレッシャーの中、調剤をこなしていかなければいけません。

 

 

休憩がとれない、休みがとれない

 

休憩時間の設定はあっても、実際患者さんがいれば休憩を取ることはできません。
お昼ごはんを食べれないことも日常茶飯事ですし、
トイレに行く時間もないので膀胱炎になってしまう人もいます。

 

有給も取りたいけど、一人薬剤師だと思うように休むこともできません。
体調が悪い時ですら、急に休めないということもあるほどです。

 

 

精神が休まらない

一人い薬剤師は、調剤ミスがないか調剤過誤に怯えつつ、
また患者さんからのプレッシャーに耐え、休憩や休みも満足に取れないのが日常です。

 

常に気を張っているいる状態のため、精神が休まる暇がないというのが現状のようです。

 

 

 

 

一人薬剤師をする場合に気をつけること

 

自ら希望して一人薬剤師をすることもあれば、
希望していないのに一人薬剤師になってしまうケースもあるかと思います。

 

 

一人薬剤師をする場合に気をつけるポイントを紹介します。

 

 

あらかじめ待ち時間を伝える

 

患者さんが立てこんできたら、患者さんに待ち時間が長くなることを説明し、
納得頂いた上で待ってもらうようにしましょう。

 

あらかじめ時間を伝えておけば、後から取りに来るといわれる人もいるかもしれませんし、
他の薬局に行くという患者さんもいるでしょう。

 

トラブルを避けるためにも事情を説明し、できることできないことを正直に伝えるようにしましょう。

 

 

焦らず優先順位をつけて冷静に対応する

 

一人薬剤師だからといって、ミスは許されません。一人薬剤師は基本的にマルチタスクです。
複数の仕事を同時にこなさなければいけません。

 

調剤業務は他の仕事で中断されると集中力が途絶え、調剤過誤のリスクがあがります。
仕事の優先順位をつけて冷静に行動するようにしましょう。

 

また、焦りはミスを招く原因にもなります。
一人でもダブルチェックを欠かさない、声に出して読むなど丁寧に業務を行うことも大切です。

 

 

体調管理をしっかりしておく

 

一人薬剤師は代わりがいません。休憩時間を取ることもままならないこともあるでしょう。
精神的、肉体的にも過酷な仕事環境であることが多いため、
体調を崩さないように体調管理は重要です。

 

 

一人薬剤師は薬剤師としてスキルアップにつながるやりがいのある仕事ですが、
責任が重く大変な仕事でもあります。

 

 

一人薬剤師の仕事と言ってもさまざまです。それほど忙しくない職場の場合もありますし、
職場選びの際はひとりで対応できる仕事量なのか、よく見極める必要があります。

 

 

実際の職場状況を知るためには、転職サイトのコンサルタントに相談しましょう
求人案件だけではわからない生の情報を教えてくれますので、
よく確認してから決定するようにすることをおすすめします。

 

⇒おすすめできる転職サイトはコチラ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!