薬剤師が独立して薬局開業するために必要なこと

薬剤師が独立して薬局開業する−気になる年収や準備について

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師だけに限った事ではありませんが、
自分の会社を持ち経営者に憧れる人は多いです。

 

薬剤師が独立する場合は、
調剤薬局を開局して経営することになるのではないでしょうか。

 

経営者ともなれば、勤務薬剤師に比べてリスクはもちろん大きくなります。

 

そういったリスクを承知の上でも独立したいと考える理由は
どういったことがあるのでしょうか。

 

 

薬剤師が独立を考える理由

 

自分の理想の薬局を作りたい

薬剤師として働いている場合、「こんな薬局にしたい」という理想があったとしても、
必ずしも実現されるわけではありません。

 

経営者の方針に従わなくてはいけませんし、
他のスタッフもいるため自分の思い通りにはできません。

 

「独立して自分が思うようにやってみたい!」という思いをきっかけに
独立を考える人は少なくありません。
特に男性薬剤師は独立志向が強い傾向があります。

 

 

収入を増やしたい

調剤薬局で働く薬剤師は、
昇給が少なく給料面で不満を抱えている人が少なくありません。

 

雇われて働いている限り、
どれだけ頑張っても給料の頭打ちはある程度予想できてしまいます。

 

自分の努力次第で収入アップの道が得られる方法のひとつが、
薬剤師の「独立」です。

 

実際に薬局を開業した人たちがどのくらいの年収を稼いでいるかですが、
門前薬局かライバル店が近くにあるかにもよって異なりますが、
1500万〜1800万円がひとつの目安と言われています。

 

 

定年がない

独立して経営者となることで、
定年を気にすることなくいつまでも現役で働くことを希望して独立を考える人もいます。

 

 

薬剤師が独立して開局するメリット・デメリット

 

次に開業のメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

 

メリット
  • 経営が安定すれば収入が増える
  • 自分の思い描いていたような薬局経営をすることができる
  • スタッフ同士の人間関係のわずらわしさがない
  • 何歳になっても働ける

 

デメリット
  • 倒産のリスクがある
  • 仕事とプライベートの線引きがつけにくい
  • 事務手続きなどやらなければいけない仕事が増える
  • 個人の場合、薬剤師の確保が難しい

 

 

薬剤師が独立するまでにしておきたいこと

 

薬局長、管理薬剤師の経験を積んでおく

薬局長や管理薬剤師の仕事を経験することで、
薬局を経営する立場として、お金の流れを見たりレセプト請求について学んだり
薬局を経営する上でのノウハウを学ぶことが出来ます。

 

 

まずは薬局運営を経験するためにも、
管理薬剤師を経験しておくことは非常に有用です。

 

薬局長や管理薬剤師のメリットとして、
付き合いのある病院の医師とコネクションを作ることも可能です。

 

 

製薬会社のMRや医薬品卸会社のMSと仲良くなれば、
さまざまな情報を教えてもらえるかもしれません。

 

MRやMSは、さまざま病院に出入りしているので地域の医療機関情報から、
医療業界全般について多くの情報を持っています。

 

MRやMSと懇意にしておくことで、
「○○総合病院の医師が独立を考えているみたいですよ」
といった情報を入手できる可能性があるのです。

 

 

立地に就いて考えておく

独立して薬局を開局しようといっても、立地条件が良くないと、
患者さんが来ず経営していくことができなくなってしまいます。

 

立地に関して、個人で判断するのもなかなか難しいものです。

 

地域の医療情報網があれば良い条件の場所も見つけられるかもしれませんが、
業界関係者のコネがないと個人では難かしいでしょう。
そのような場合は薬局の開局コンサルタントに依頼するという方法もあります。

 

ただし、依頼するにはもちろん費用が掛かりますので、
独立資金に余裕があるかどうかなどを含めて検討する必要があります。

 

 

コミュニケーション能力を身につける

薬剤師として雇用されているときは、
薬局内のスタッフや患者さんとのコミュニケーションがほとんどです。

 

調剤業務においては、コミュニケーションをとらなくてもできる仕事です。

 

しかし、経営者となれば、金融機関や取引先、
病院関係者など様々な人たちをコミュニケーションを取って行かなければいけません。

 

独立をする上で、人脈はなにより重要な財産です。
出会う方すべてとの縁やつながりを築き、
人脈を作っていけるようコミュニケーションスキルを意識していくことが必要になります。

 

 

独立開業に向けて勉強できるところへ転職する

 

今の職場では勉強・準備をするのに不十分と感じたら、
より良い環境を整えるために転職することを考えてみる必要もあるのではないでしょうか。

 

 

その場合は、薬剤師転職サイトに相談することをおすすめします。

 

 

転職サイトでは、条件に適う転職先の紹介を受けるだけでなく、
薬剤師の独立について、コンサルタントに相談してみることができます。

 

 

コンサルタントは、 薬価改定による調剤報酬の引き下げ、
在宅医療充実へのシフト傾向など
薬局経営で考慮すべき業界情報をいち早く入手しています。

 

 

薬剤師業界の流れや今後の調剤薬局の将来性について話を聞けることは、
独立を考える上で役に立つに違いありません。

 

ぜひ一度、コンサルタントに薬剤師業界の現状を聞いておいて損はないでしょう。

 

⇒独立準備について相談してみる


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!