薬剤師の転職にかかる期間は?転職期間とスケジュール

転職にかかる期間はどのくらい?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

初めて転職する人にとって、転職にかかる時間や労力はイメージしにくいものです。

 

「求人先の検索」、「面接」、「内定」、「引き継ぎ」などやらなければいけないことは、たくさんあります。

 

ここでは、薬剤師が転職する場合のタイムスケジュールを紹介します。

 

 

薬剤師の転職期間は勤務年数が影響する

 

転職にかかる時間は、勤務年数などによっても変わってきます。

 

1年目の薬剤師と5年目の薬剤師では、会社から与えられている責任や仕事量が当然異なりますし、任されている仕事が多いほど、転職は難しくなります。

 

また、長く勤めるほど、社内や社外の人間関係も広がっていきます。
会社を辞める理由をうまく説明したり、仕事の引き継ぎを行うのは、労力のいる仕事です。

 

そういった点では 、新人薬剤師の方がスパッと辞めることができ、転職がしやすいと言えます。

 

 

薬剤師の一般的な転職期間

 

転職にかかる時間は、職場を辞めてから転職活動をするか、仕事をしながら転職活動をするかで大きく異なります。

 

退職してから転職活動する場合

職場を辞めてから転職する場合、一時的に収入がなくなるのはネックですが、集中的に「求人探し」「応募」「面接」ができます。
1ヶ月以内でも転職は十分可能です。早い人だと1週間で転職してしまう場合もあります。

 

メリット

  • 時間にゆとりがあるので転職活動をじっくり行える
  • 内定後すぐに働ける

 

デメリット

  • 仕事が決まるまで収入がなくなる
  • 離職期間が長いとマイナスの印象を与える

 

 

働きながら転職活動をする場合

仕事をしながらの転職活動は、「求人探し」「履歴書などの作成」「面接」を仕事の合間にやらなくてはいけないため時間がかかります。
最低でも2〜3ヶ月は見ておいた方がいいでしょう。

 

条件などが合わないと、さらに伸びてしまうこともあります。
また、後任への引き継ぎなどの問題もあり、半年や1年かかることも少なくありません。

 

メリット

  • 収入面で安心
  • 離職期間がなく、選考に有利なケースが多い
  • 厚生年金や健康保険の引き継ぎがスムーズ

 

デメリット

  • 転職活動の時間が取りにくい
  • 内定から入社までに時間がかかる

 

 

希望する職種によって薬剤師の転職にかかる期間が変わる

 

調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬企業など目指す業界によっても転職にかかる時間は異なります。

 

調剤薬局やドラッグストア

一般的に調剤薬局やドラッグストアは、常に薬剤師を募集しています。
条件さえ合えば、1〜2週間で転職することが可能です。

 

病院

病院の場合は、慢性期病院と急性期病院でも異なります。
慢性期病院であれば、募集している病院は結構ありますので、すぐに転職も可能です。
また地方の病院なども薬剤師が不足しているところも多く、条件があえば早く決まります。

 

大学病院や大手総合病院は、欠員が出たときしか募集がありません。
そのタイミングまで待たなくてはいけないので、転職活動が長期化する可能性があります。
また、募集があっても応募する薬剤師も多いので、スムーズに転職活動がすすむ保証はありません。

 

大学病院や大手総合病院で、1年を通して最も求人募集が出やすい時期は3月です。
なぜなら、3月初旬は新卒内定者の中で、国家試験に落ちて入社できなくなる人が出る時期なんです。
特にここ数年は、薬剤師国家試験の高確率が下がり続けており狙い目ですので、中途で急性期病院に転職したいなら、それまでに転職サイトに登録しておきましょう。

 

製薬会社、医薬品卸会社

製薬会社は、年々、正社員の募集が少なくなっているのが現状です。
最近は、大手の製薬会社はDI業務やMRを委託する会社が増えており、求人はあまりありません。

 

医薬品卸会社の管理薬剤師やDI業務の受託会社は、募集していますので応募可能です。
ただ、希望する地域であるとは限らないので、タイミングによると言えるでしょう。

 

 

薬剤師が退職を伝えるタイミングは?

 

転職先が決まったら、会社に退職の意志を伝えます。
後任への引き継ぎ業務を考えると早めに伝えた方が、好印象です。

 

しかし、ボーナス前に退職を申し出て、ボーナスが出なかったというケースも頻繁にあります。円満退社を考えるのが基本ですが、経済的に損をしないようにタンミングを見計らうことも大切です。

 

会社のルールで「3ヶ月前までに退職の意志を伝えること」と規則を設けているところもあります。しかし、法的には、「14日前までに転職の意志を表示すればよい」と定められているので、原則としては2週間前でOKです。

 

円満退社を考え、引き継ぎなどを考慮し1カ月前には伝える人が多いようです。

 

 

薬剤師が転職活動をスムーズに行うコツ

 

転職を何度もしている人でない限り、ほとんどの人は転職初心者だと思います。
「何から始めたらいいかわからない。」という状態ではないでしょうか。

 

退職してから、働きながら、どちらにしても転職活動をする場合は、転職サイトを利用するべきです。

 

転職サイトのコンサルタントは、あなたの代わりに希望条件に合う求人を探してくれますし、
また、履歴書や職務経歴書の作成方法、面接調整、年収交渉など細かいことをすべてサポートしてくれます。

 

しかもこれらすべては、無料で利用できるのです。
転職サイトは、転職が成功したら求人先である薬局などから報酬を受け取るため、求職者の薬剤師が支払う費用は一切ありません。

 

コンサルタントは、あなたが不安に思っていることも何でも相談にのってくれます。
ぜひプロのアドバイスをもらいながら、賢く転職活動をしましょう!

 

コンサルタントとの相性を見るためにも3社ほど登録してみるのが、おすすめです。
信頼できる転職サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒おすすめの薬剤師転職サイトを見てみる!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!