こんな薬剤師はダメ!転職で失敗する薬剤師の6つの特徴

あなたは大丈夫?転職で失敗する薬剤師の6つの特徴

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

一昔前は、入社した会社で長く働くことが当たり前でしたが、
今はそういった価値観が絶対ではなくなり、
キャリアアップなどの理由で転職する人も増えてきました。

 

 

特に薬剤師の業界は求人先がたくさんあるため、
転職は珍しいことではありません。

 

 

転職に対するハードルがかなり下がっていることもあり、
安易に転職を繰り返して失敗してしまう人も増えています。
ここでは、転職して失敗してしまう人の特徴をまとめました。

 

 

 

 

転職で失敗しやすい薬剤師は?

 

憧れだけで転職しようとする

日々の仕事の中には、調剤業務など同じことの繰り返しであるルーティン作業や
レジ打ちや品出しなどの雑用業務がたくさんあります。

 

 

日々、そういった地味な仕事をやっていると、飽きてしまいます。
そして、もっと「病棟業務で活躍したい!」「MRとしてバリバリ働きたい!」
といった華やかな世界に憧れを抱くでしょう。

 

 

しかし、テレビやドラマのイメージにある病院薬剤師やビジネスマンなどの
憧れだけで転職をしてしまうと失敗します。
実際の仕事は、下積みや雑用からのスタートになるからです。

 

 

転職できたとしても、いざ働き始めると理想と現実のギャップに
「こんなはずじゃなかった」と感じてしまうでしょう。
どんな仕事にも地味で大変な仕事があることをまず理解しておく必要があります。

 

 

退職する明確な理由がない

退職理由とは、今の職場で我慢できないこと。退職する決意につながったことです。
この理由がはっきりしていると次の職場を選ぶ重要な判断基準になります。

 

 

「忙しすぎる」「仕事内容に不満がある」「給料が安い」など理由は色々あると思います。
重要なのは、今の職場では何が不満なのかを曖昧にしたまま転職活動を始めないことです。

 

 

「なんとなく今の仕事が嫌だから」「そろそろ3年経ったから」
「違うことがやってみたくなった」など曖昧な理由だと、
転職先でもまた同じような不満を持つようになってしまいます。
「最低でもこんな職場は選ばない」という基準をもっておきましょう。

 

 

目的意識がない人

3年後、5年後、10年後のキャリアプランはイメージできていますか?
キャリアプランがなければ、「青い鳥症候群」になってしまい、
何度も転職を繰り返すことになってしまいます。

 

 

転職するには、次の職場に対する明確な希望を持っているべきですが、
転職がうまくいかない人はその軸が曖昧です。
転職先の条件が、ころころ変わってしまいます。

 

 

また、目的意識がないと給料や福利厚生など条件面だけで転職を決めてしまいがちです。
その場合、収入面はよくても「仕事にやりがいがない」「人間関係がうまくいかない」
「忙しすぎる」など別の問題で後悔することになりかねません。
本当に実現したいこと、優先したいことをもう一度整理して、目的意識を明確にしましょう。

 

 

他人のせいにする人

 

うまくいかないのは周りの人の責任と考え、
自分に非があることを認めない人は転職してもうまくいきません。

 

例えば

  • 職場の上司が無能だから転職したい
  • 周りの薬剤師が協力してくれない
  • 自分は頑張っているのに評価されない

 

仕事ができない理由をまわりのせいにする人は、いつまでたっても成長しません。
他人のせいばかりにする人は、「自分を甘く認識してしまう」という問題があります。

 

 

自分自身が変わる努力をすることで、職場全体など自分の環境を変えることができます。
改善策を提案したり、自分が率先して行動することで、
仕事をしやすい環境を作ることができるのです。

 

 

どのような職場でも100%上司や同僚が悪いということはありません。
必ず自分にも原因となることがあるはずです。
その気持ちを整理してから転職を考えても遅くはないはずです。

 

 

プライドが高い人

ある程度社会人経験があり年齢が高くなってくると、プライドが高い人がいます。
これは、新しい職場に馴染めず転職がうまくいかない原因となります。

 

 

転職や中途入社の場合、自分より年下の人から教えてもらったり、指示されたりします。
それを受け入れられないと仕事ができません。

 

 

病院薬剤師としてキャリアのある人が、
調剤薬局やドラッグストアに転職するケースでよくありがちです。
これまでの自分のやり方を押しとおそうとしてしまう結果、
業務がうまく回らなくなってしまうということが起こります。

 

 

自分の経験にプライドを持つことは良いことですが、
転職成功のためには年下から学ぶ姿勢を忘れてはいけません。

 

 

情報収集が不十分

転職先を探す場合、イメージや表面上の情報だけで判断するのは危険です。
「病院ならこんな仕事でできるはず」「調剤薬局ならこんな感じだろう」という
思い込みは失敗のもとです。

 

 

ひとことに病院、調剤薬局と言っても規模、仕事内容、教育体制などは企業毎に異なります。
ホームページなどで情報収集する人が多いですが、ホームページの情報は、
いいことしか書いていないので実情を知ることはできません。

 

 

一番確実な方法は実際に働いている人から話を聞くことです。
薬剤師仲間や大学の先輩などをつてに情報収集を行うようにします。

 

 

最も効率的なのは、薬剤師の転職サイトです。
転職サイトは、求人先の情報を豊富に持っていますし、
業界全体から見た見解を教えてもらえます。

 

 

多くの情報を集め、多角的な面から判断するようにすることで、
転職後の失敗を防ぐことができるのです。

 

 

転職に失敗しないために情報収集をしっかりすること

 

転職に失敗する人に共通していることは、事前の情報が不十分です。
そのために、いざ就職してから「思っていたのと違った」と後悔する人が少なくありません。

 

 

大学を決める時でもオープンキャンパスに行ったり、
引越しでも内覧会に行ったりするはずです。それは転職でも同じことです。

 

 

「どんな企業なのか」、「どんな仕事ができるのか」、「どんな人が働いているのか」
たくさんの情報を集めましょう。

 

 

今の時代、インターネットで検索すればたくさんの方法が出てきます。
しかし、それが本当に正確な情報かどうかは定かではありません。
正しい情報を集めるのは、実はとても大変な作業なのです。

 

 

 

 

それを効率よく行えるのが、転職サイトです。
転職サイトは実際に求人先を訪問し情報を集めています。
また、働いた薬剤師からの口コミ情報も把握しています。

 

 

まずは、転職サイトのコンサルタントに相談するべきです。
2〜3社登録し複数のコンサルタントから意見を聞いて慎重に進めていきましょう。

 

 

断るときは、「もう転職先が決まりましたので、連絡は結構です」と言えば問題ありません。
信頼できるおすすめの転職サイトをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!