50代薬剤師が転職する際に注意すること

50代薬剤師の転職の悩みと転職の際の注意点

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

50代になると体力の衰えを感じ始め、「このままこの仕事を続けられるだろうか…」と
仕事を続けることへの不安を感じる年代でもあります。

 

また、家庭事情から新しい職場への転職を考える薬剤師も少なくありません。

 

 

薬剤師資格があるとはいえ、50代での転職は経験やキャリアはある一方で、
年齢的に転職できるのかなど不安も伴う事と思います。

 

 

50代薬剤師が転職する際のポイントを押さえ、不安を解消しましょう。

 

 

 

 

50代薬剤師の転職

 

薬剤師は一般のサラリーマンに比べれば転職がしやすい職業です。
しかし、年齢を重ねれば転職が難しくなるのは、薬剤師であっても変わりありません。

 

 

50代の転職理由は、体力の衰えで仕事がきつくなった」、
「時間的なゆとりを持って働きたい」、「収入をアップしたい」など様々あります。

 

 

50代での転職の武器はなんといっても、経験やキャリアです。
過去の実績を活かして転職するのが、最も成功しやすく、
経験を活かせる職種であれば、50代でも年収アップを目指した転職も可能です。

 

 

50代での転職で注意しなければいけないのは、
自分より年下の方が上司になり仕事を教えてもらうケースが多くなることです。

 

プライドが高い人はこれまでの自分のやり方を変えることができず、
職場になじめくてうまくいかなくなることが少なくありません。
新しい職場では、そこのやり方に従い、謙虚な姿勢で教えてもらう心がけが必要です。

 

 

50代薬剤師の転職のパターン

 

50代薬剤師で未経験ジャンルに転職する

 

薬剤師の職種としては、調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業とあります。
50代の未経験ジャンルへの転職で多いのは、
「ドラッグストアから調剤薬局」「病院から調剤薬局」「企業から調剤薬局」への転職です。

 

病院やドラッグストアで調剤業務を行っていたとしても、
調剤薬局への転職で戸惑う人は少なくありません。

 

調剤薬局では、さまざまな医療機関からの処方箋を扱うため
病院薬剤師以上に多種類の後発品を扱うケースもあります。
また、レセプトの知識が必要な店舗もあります。

 

 

50代薬剤師が未経験ジャンルへの転職する際は、
研修制度がしっかり整っている転職先を選ぶことがポイントです。

 

50代になると記憶するスピードも衰えがちです。
仕事をしながら多くのことを覚えるのは非常に大変になってきますので、
事前にしっかり研修を行ってもらえる求人先を選びましょう。

 

 

体力的にゆっくり働ける職場へ転職する

 

50代薬剤師の転職理由では、
体力的にきつくなってきたので転職するという人も少なくありません。
ドラッグストアのハードワークがつらく、調剤薬局へ転職するというようなパターンです。

 

ある程度、落ち着いたからのんびり暮らしたい場合、
地方の調剤薬局への転職もひとつの選択肢です。
地方は薬剤師が慢性的に不足しているため、50代薬剤師でも転職がしやすくなります。

 

 

薬剤師の場合、都心部より地方の方が年収相場も高くなるため、
年収を維持、経験があれば年収アップの転職が可能になります。

 

 

子育てが落ち着いたので復職したい

女性薬剤師の場合、子育ての手が離れる50代になり、
復職をしたいと考えるケースも非常に多いです。

 

職場復帰に際してブランクがあると
「知識が古くなっているけど大丈夫か?」「仕事についていけるだろうか?」
「雇ってくれる求人があるだろうか?」と不安に思う事がたくさんあると思います。

 

 

薬剤師の場合、年齢の高いパート薬剤師もたくさんいます。

 

ブランクが長い場合の復職先は、
忙しい職場は避けるようにし、研修体制の整った職場を選ぶようにしましょう。

 

 

50代薬剤師の転職で気をつけること

 

同業種への転職、未ジャンルへの転職、
どちらにしても50代での転職は、ハードルが上がることは確かです。
30代、40代のライバルがいると、年齢的に不利になるのは間違いありません。

 

 

また、ブランク薬剤師の復職では、研修体制の整った職場がおすすめですが、
中途薬剤師への研修がしっかりあるかどうかは、求人情報ではわからない事が多いです。

 

ホームページでは「研修もしっかり行います!」と書いてあっても
いざ入ってみると「すぐに実務が始まり、研修時間は全くなかった」ということもあります。

 

 

そういったことで失敗しないためにも
50代薬剤師が転職する際は、薬剤師転職サイトをぜひとも活用してください。

 

 

転職サイトに登録すると専任のコンサルタントが直接面談もしくは電話面談で、
あなたのこれまでの経験やスキル、希望の求人などをヒアリングして、
たくさんの求人の中からあなたに合う求人をピックアップしてくれるのです。

 

 

 

 

その他にも下記のようなさまざまなサービスが利用できます。

 

 

転職サイトで受けられる無料のサービス

  • 薬剤師の職種毎の仕事内容
  • 求人案件の提案
  • 薬剤師の市場の変化
  • 薬剤師の給料の相場の情報
  • 各薬局の雰囲気や社風の特徴などの情報
  • 履歴書の書き方のアドバイス
  • 職務経歴書のフォーマット
  • 面接でよく聞かれること、答え方のアドバイス
  • 面接日の調整
  • 面接に同行し同席
  • 年収の交渉

 

 

しかもこれらのサービスは、すべて無料で利用できます。

 

 

転職を成功させている薬剤師は、転職サイトを利用しています。
コンサルタントは求人先とのつながりがあるため、さまざまな内部情報も把握しています。

 

 

まだ転職を決断していない、悩んでいるといった状態でも問題ありません。
「50代薬剤師が転職できる求人はあるのか?」そういった情報収集をしておくだけでも
今後の動きが大きく変わってくるはずです。

 

 

気になる場合は、無料登録してコンサルタントに相談してみることをおすすめします。
薬剤師転職サイトと言ってもたくさんあります。
求人情報が多く、コンサルタントのレベルが高いおすすめ転職サイトを紹介していますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

⇒50代薬剤師の転職におすすめの転職サイトはコチラ

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!