40代薬剤師が転職する際に注意すること

40代薬剤師の転職の悩みと転職の際の注意点

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師は資格があるため、サラリーマンやOLに比べ転職が有利な職種です。
薬剤師はまだ不足している地域も多く、
まだ売り手市場で薬剤師にとって有利な条件で転職できるところが多いです。

 

 

とはいえ、40代薬剤師の転職は20代、30代に比べると不利な面が出てきます。
また、これから将来にわたって長く働ける職場を探す必要があります。

 

 

40代薬剤師が転職を成功させるために注意すべきポイントはどういったところでしょうか。

 

 

 

 

40代薬剤師が転職の際に注意すべきこと

 

経験か未経験の転職かで大きく異なる

 

20代、30代前半であれば未経験でも、ほとんどの職種に転職は可能です。
しかし、30代後半、40代になると状況は違ってきます。

 

まず、企業や病院は40代未経験での転職はまず難しいです。
企業は、新卒もしくは第二新卒の若い人材を採用し育てていきたいという傾向が強いです。
病院でも大手の病院は新卒採用がほとんどで、中途入社も若い人材に限られています。

 

調剤経験がある場合、中小病院への転職は可能ですが、
調剤未経験での病院への転職はハードルが高くなると言えるでしょう。
調剤薬局やドラッグストアなら、未経験での転職も可能です。

 

経験がある分野への転職であれば、どの分野でも求人を見つけることは可能です。
経験者の場合、転職により年収アップも可能ですので、
管理薬剤師へのキャリアアップや収入アップを狙っての転職という選択肢もあります。

 

 

新しい職場では初心で取り組む

 

経験者であれ未経験者であれ、
新しい職場では一から覚えなければいけないことがたくさんあります。
同じ業界への転職であったとしても、経験は活かせても転職先での仕事のやり方、
品揃えされている医薬品、商品の種類も変わります。
40代であっても、また新人からのやり直しです。

 

キャリアがある人の転職で注意しなければいけない点としては、
新しい職場では一からやるつもりで謙虚に仕事に取り組むことです

 

たとえば、病院で働いていた薬剤師が調剤薬局へ転職する場合などです。
薬剤師として経験があるとはいえ、
新しい職場では「新人」であり、その職場のルールややり方に従わなければいけません。

 

薬剤師としてのキャリアが邪魔をして、
やり方が納得できなかったり謙虚に振る舞えない人が少なくありません。

 

新しい職場では年下の先輩から教えてもらうことも多いですので、
過去のプライドを捨てて真摯に取り組めば、
すぐに職場にも溶け込め仕事の要領もつかめるようになります。

 

 

自分に合った働き方を考える

 

40代はライフスタイルの違いから
男性と女性でも雇用形態がかなり異なってきます。
男性の場合は、家族を支えるために働く人がほとんどなので、
正社員で働き、年収面や定年まで働けるかどうかを考え転職先を探すことになります。

 

女性の場合は、結婚しているか子どもがいるかでも働き方が変わってきます。
独身薬剤師の場合は収入だけを考え、仕事にガンガン打ちこむことも可能です。

 

家庭や子どもがいる薬剤師の場合、家庭や育児とのバランスを考える必要があり、
正社員に限らず、契約社員や派遣社員、パートなど
自分に合った無理のない働き方を選ぶことがポイントになります。

 

 

 

 

40代薬剤師の転職先は?

 

調剤薬局

 

薬剤師の転職先として、一番多いのは調剤薬局ですが、
40代薬剤師の場合も調剤薬局が中心になります。
調剤薬局であれば未経験での転職も可能です。経験者であれば、
年収アップの転職が十分可能ですし、管理薬剤師経験者はかなり重宝されます。

 

ひとことに調剤薬局と言っても会社の規模によって忙しさが全然違います。
未経験の場合、クリニックや医院の門前薬局であれば、
扱う医薬品もそれほど多くないので転職しやすい職場です。

 

大手総合病院の門前薬局などになると扱う医薬品の種類も多く、
覚える事もたくさんあるので未経験での転職先としては大変な職場です。
大手チェーン調剤であれば、研修体制もしっかりしているので、
初めは大変ですが薬剤師としての将来を考えるのであれば非常に勉強になると言えます。

 

 

ドラッグストア

 

ドラッグストアも40代薬剤師が転職しやすい転職先です。
経験の有無についてもそこまで重要視されないと言えます。

 

ドラッグストアは調剤を併設していつところと、併設していないところがありますが、
薬剤師としてのスキルを高めるなら調剤併設型のドラッグストアがおすすめです。

 

ドラッグストアは年収が高いといったメリットがありますが、
年収が高いお店は勤務時間が長く休みが少ない傾向があります。
体力に自信がない人は、40代でいきなりドラッグストアへ転職するのは、注意が必要です。

 

 

病院

 

大学病院や大手総合病院は、新卒や若い人材を採用するので、
40代での転職は難しいでしょう。
40代で病院への転職を狙うなら、中小病院になります。

 

中小病院は大病院のように教育に力を入れるほどスタッフの余裕がないので、
即戦力となる経験者は重宝されます。
経験者であれば、中小病院への転職はスムーズに見つけることができるでしょう。

 

病院未経験であっても調剤経験者であれば、転職先を見つけることは可能ですし、
調剤薬局とは違った病棟業務や点滴、注射剤を扱うなど勉強になることが多い仕事です。
病院は託児所が充実しているところも多いので、ママ薬剤師には働きやすい職場と言えます。

 

 

企業

 

薬剤師の企業への転職は狭き門であり、年代が上がるとさらに厳しくなります。
一般的に企業は、若い人材を育てていこうと考えるので、40代未経験はまず難しいです。

 

経験者の場合、企業はその仕事に直結する技術や経験を求めますので、
ただ企業で働いていたということではなく、どういったことができるかが重要になります。
また、求人自体が少ないため、経験が活かせる職種の求人が出るタイミング次第と言えます。

 

 

40代薬剤師の転職を成功させるには

 

40代薬剤師の転職は、20代、30代のようにただ給料や職種だけで選ぶのではなく、
仕事、ライフスタイル、将来のことなど検討すべき事がたくさんあります。

 

 

40代薬剤師の転職は20代、30代に比べて不利な面も出てくる一方で、
経験やスキルなど有利にアピールできる点もたくさんあります。

 

 

自分ひとりでは、アピールポイントや不利な面への対処方法など
わからない部分も多いと思いますので、
自分の経験を最大限にアピールするためにも転職サイトをぜひ活用してください!

 

 

転職サイトのコンサルタントは、
経験豊富な転職のプロでありさまざまな相談にのってくれます。
40代は仕事と家庭で最も忙しいときでもあります。

 

転職サイトのサービスを利用すれば、転職にかかる時間や労力を大幅に削減できます。

 

転職サイトで受けられる無料のサービス

  • 薬剤師の職種毎の仕事内容
  • 求人案件の提案
  • 薬剤師の市場の変化
  • 薬剤師の給料の相場の情報
  • 各薬局の雰囲気や社風の特徴などの情報
  • 履歴書の書き方のアドバイス
  • 職務経歴書のフォーマット
  • 面接でよく聞かれること、答え方のアドバイス
  • 面接日の調整
  • 面接に同行し同席
  • 年収の交渉

 

これら全ては無料ですので、利用しない手はないですね。

 

転職サイトに登録しないと見れない好条件の非公開求人もありますので、
転職を成功させるならぜひとも転職サイトを上手に利用しましょう!

 

⇒40代薬剤師におすすめの転職サイトはコチラ!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!