20代薬剤師が転職する際に注意すること

20代薬剤師の転職の悩み、注意点

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

薬剤師として就職し、働きはじめたものの、
理由で転職を考える薬剤師も少なくありません。

 

 

「新入社員は3年以内に3割辞める」と言われていますが、薬剤師の場合はもっと多いです。
薬剤師は一般のサラリーマンに比べ、薬剤師は求人が多いため、
他の業種に比べ転職率がとても高い傾向があります。

 

 

また、薬剤師に限らず、年齢が若い方が転職には有利であり、
20代は一番転職がしやすい年代でもあります。
職場環境への適応も早いですし、企業も育てるなら若い人材の方がいいと考えています。

 

 

その一方で、20代はまだまだ経験も浅いため求人選びを失敗してしまったり、
準備不足で転職に失敗してしまうケースも見受けられます。
ここでは、20代薬剤師の転職についてまとめました。

 

 

 

 

20代薬剤師の転職理由

 

思っていた仕事内容と違う

 

薬剤師の国家試験に無事合格し、
やる気と熱意をもって薬剤師として働きはじめる人が多いと思います。
しかし、薬剤師の仕事は、「処方せんのチェック」→「調剤」→「服薬指導」 といった
ルーティーンの同じ作業の繰り返しです。

 

 

同じ作業を来る日も来る日もやるわけですから、単調な毎日が退屈でつまらなくなり、
「なんだか思っていたのと違う」「仕事の選択を間違った!」と
理想と現実のギャップを感じる薬剤師が少なくありません。

 

 

人間関係の悩み

 

薬局など薬剤師の職場は、女性が多い特殊な職場環境のため、
人間関係のトラブルが起こりやすい職場です。

 

狭い調剤室で同じメンバーで長時間仕事するので、
ちょっとしたもめごとがあっても常に顔を合わせて仕事をしなければいけません。

 

ギスギスした嫌な空気の中で仕事をしていると、
さらに人間関係が複雑化してしまい悪循環となるのです。
職場の人間関係で悩み、ストレスを感じ転職に踏み切る薬剤師は非常に多いです。

 

 

給料が安い

 

薬剤師自体は、他の職種に比べたら給料は比較的良いと言われています。
周りの人からも、「高給取り」のイメージを持たれていることが多いです。

 

お給料が順調に上がっていくことを期待して働き始めたものの、
実際には昇給があまりなく、思ったように年収がアップしないことも少なくありません。

 

このままでは高額年収が望めないと考え、早めに転職を決意する人も多いです。

 

 

20代の薬剤師が転職する際の注意点

 

20代は転職をしやすい時期ですが、
同時に経験が浅いことから転職に失敗しやすい時期でもあります。

 

 

この時期に転職を失敗してしまうと、転職を繰り返す癖がついてしまい、
キャリアが身につかないまま転職歴だけが残り、後々困ることになるので注意が必要です。

 

 

転職で失敗してしまうケースを紹介します。

 

憧れだけで転職しない

理想と現実のギャップは、どんな職にでも必ずと言っていいほとあります。
まだ何も挑戦していないうちから「思っていたのと違う」と思い込むことはナンセンスです。

 

 

特に調剤業務は、「処方箋のチェック」→「調剤」→「服薬指導」と
ルーティーン作業で同じことの繰り返しです。
そんな仕事に飽き、「チーム医療に関わりたい!」「バリバリ働きたい!」
と憧れの気持ちだけで転職すると失敗してしまいます。

 

 

どんな仕事にも地味で大変な仕事はあります。
就職して数年程度では、まだ社内で面白い仕事を任されておらず、
他が良く見えている可能性があります。
どんな仕事でも最初は下積みの雑用からのスタートになることを理解しておきましょう。

 

 

やりたいことが明確になっていない

大切なのは、何を希望して転職するのかということです。
年収アップを望むのか、残業のない職場がいいのか、
スキルアップのための転職なのかなどさまざまな理由があります。

 

 

目的意識がないと給料や福利厚生など条件面だけで転職先を選んでしまい、
「ブラック企業」と言われるような会社に入ってしまうケースもあります。

 

その結果、新しい職場でも「仕事が忙しすぎる」「人間関係がうまくいかない」
「やりがいがない」といった悩みが出てきて、何度も転職を繰り返すことになります。

 

 

とにかく職場を変えたいと焦って転職しても、
次の職場でまた同じような問題が出てきてしまうことになりかねません。
本当に実現したいこと、優先したいことをもう一度整理して、目的意識を明確にしましょう

 

 

自分の方向性、何がやりたいのかが決まっていないと、
新しい職場に転職してもまた「思っていたのと違う」と転職を繰り返すことになります。
自分が何を希望するのかじっくり考えてみましょう。

 

 

情報収集が不十分

転職先を探す場合、イメージや表面上の情報だけで判断するのは危険です。
「病院ならこんな仕事でできるはず」「調剤薬局ならこんな感じだろう」
という思い込みは失敗のもとです。

 

 

病院、調剤薬局と言っても規模や会社によって仕事内容、教育体制、社風などは様々です。
求人情報に掲載されている内容は、いいことしか書いていません。
実際に働いている人から話を聞くなどして情報収集をしっかり行いましょう

 

 

20代の薬剤師が転職を成功させるためのポイント

 

20代での転職は、初めての転職という人も多く、
業界の傾向などの情報が不十分なことが多いでしょう。

 

情報不足を補うためには、転職サイトをぜひ活用してください
転職サイトのコンサルタントは、業界の知識も豊富ですし、
転職の細かいところまでサポートしてくれます。

 

 

 

 

転職サイトで受けられる無料のサービス

  • 薬剤師の職種毎の仕事内容
  • 求人案件の提案
  • 薬剤師の市場の変化
  • 薬剤師の給料の相場の情報
  • 各薬局の雰囲気や社風の特徴などの情報
  • 履歴書の書き方のアドバイス
  • 職務経歴書のフォーマット
  • 面接でよく聞かれること、答え方のアドバイス
  • 面接日の調整
  • 面接に同行し同席
  • 年収の交渉

 

 

あなたが考える以上に薬剤師の職種は幅広くたくさんあり、
思いもつかなかった仕事を提案してもらえることもあります。

 

20代であれば未経験ジャンルへの転職も十分可能です。
自分ひとりで考えるより、コンサルタントのヒアリングを受けることで、
自分のやりたいことが明確になる人も多いです。

 

 

コンサルタントは求人先の職場環境や人間関係についても把握していますので
人間関係の悩みで転職する場合は、
同じことを繰り返さないためにも職場の内部情報をしっかり聞いておきましょう。

 

 

転職サイトの利用はすべて無料ですので、活用しないのは本当にもったいないことです!

 

 

20代の若さは転職活動においては大いにアピールできるポイントです。
経験や情報の足りない部分は、転職サイトのコンサルタントのサポートで乗り越えましょう!

 

⇒20代薬剤師におすすめの転職サイトはコチラ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!