薬剤師の職場でパワハラを受けていてつらい

薬剤師の職場でのパワハラ

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


テレビのニュースで「パワハラ」という言葉をよく聞くようになりましたが、
薬剤師の世界も例外ではなく、
上司や先輩薬剤師からパワハラを受けて、悩む薬剤師が少なくありません。

 

 

職場でのパワハラについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。
パワハラだけでなく、人間関係は少しでも早く対処することが必要です。

 

 

 

 

これってパワハラ?と感じる薬剤師の職場での言動

 

職場のパワーハラスメント(パワハラ)の定義は、「同じ職場で働く者に対して、
職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、
精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為」とされています。

 

 

職場のパワーハラスメントは、上司から部下に限ったものではありません。
先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるもののあります。

 

 

また、職務上の地位だけでなく、人間関係や専門知識、経験など
さまざまな優位性も含まれています。

 

 

パワハラとして判断される具体的な行為は、次のようなものです。

  • 足で蹴られたり、殴られるなどの暴力行為
  • あいさつをしても無視される
  • 他の社員の前で、見せしめのように怒られる
  • 定時前に一人ではできない過大な仕事を押しつけられる
  • 残業や休日出勤を強要する
  • 休みの理由をしつこく聞かれる

 

 

薬剤師の職場でのパワハラの原因を考えてみる

 

人間関係は、認識・理解不足、コミュニケーション不足で悪化することが多々あります。
指導するつもりが相手との距離感や指導の仕方がわからず、
パワハラにつながっているケースもあるのです。

 

 

パワハラを受けていると感じたら、まずはなぜそういった行為をされるのか
冷静に考えてみましょう。

  • 上司はいつからパワハラを行うようになったのか
  • パワハラを受けているのは自分だけか
  • 他にもパワハラを受けている人がいたら、その人はどう思っているのか
  • 上司がパワハラを行うようになったきっかけは何だったのか
  • 自分に原因はなかったのか
  • あなた以外の社員は、上司のことをどう感じているのか

 

自分と上司だけでなく、周囲の人なども含めて考えてみましょう。

 

 

感情的になっていると冷静に判断できませんので、
落ち着いて自分の行為を見直すことも必要です。

 

 

パワハラの原因をあらゆる側面から考えた結果、
自分が変わることだけで解決できない場合は具体的な対処法を行っていく必要があります。

 

 

薬剤師の職場におけるパワハラに対する対策

 

パワハラを止めさせるために具体的にとるべき対処法を考えていきます。

 

 

相談相手や味方を作る

 

社内の同僚や友人、家族などに相談してみるようにしましょう。
相談相手本人がパワハラを受けた経験がなくても、
同じような事例を知っている可能性があります。

 

職場内であれば、あなた意外にもパワハラ上に悩まされている加害者がいるかもしれません。
一人で悩まず、同じ被害者や協力者と一緒に対策を考える方が行動を起こしやすくなります。

 

 

あながたパワハラを受けていることを知っている人、
自分と同じようにパワハラを受けている人、上司に対して良い感情を持っていない人、
パワハラを証言してくれる人などできるだけ多くの人を集めましょう。

 

 

パワハラの事実を記録しておく

 

パワハラだと感じたら、記録をつけておくようにしましょう。
本人に言う場合でも第三者に言う場合でも証拠が重要になってきます。

 

記録の取り方はどんなものであってもよいのですが、
「いつ・どこで・どのような内容を・誰からどんな状況で受けたか」
ということを細かく残しておきます。

 

メモやICレコーダー、周囲に立ち会っていた人の名前なども記録しておくといいでしょう。

 

 

上司や人事部に相談する

 

パワハラを行っている上司より上の立場の人に相談してみましょう。
あまり感情的にならず、事実をありのままに報告します。

 

どのようなパワハラを受けているのか、それが本当に起きているのか
客観的に判断できるような証拠をもとに報告すれば、きちんと話を聞いてもらえるはずです。

 

以下のような情報を伝えましょう。

  • 具体的なパワハラ行為の内容(いつ、どこで、どのようなパワハラを受けたか)
  • パワハラが継続しているかどうか
  • パワハラを見ている人物はいるかどうか

 

 

移動を申し出る

 

問題を解決するには時間がかかることもあります。
薬局や病院は狭い職場なため、それまでに受ける精神的な苦痛は相当なものです。

 

移動できる店舗があるのであれば、お願いして現状の環境を変えてみるようにしましょう。

 

 

転職する

 

パワハラの問題を相談したり、パワハラの相手と闘うのにかかる
精神的な苦痛や労力は相当なものです。
他の人に相談したことで、さらに事態がややこしくなるケースもありますので、
不安に悩む薬剤師も多いと思います。

 

そういった場合は、いっそのこと転職してしまうのもひとつです。
薬剤師であれば、次の職場を見つけることは可能です。

 

パワハラに悩んで、うつ病など精神的につらくなる前に、
新しい環境に移る事も考えましょう。

 

 

 

「次の職場でもパワハラがあったらとうしよう」と不安に思うことがあるかもしれません。
そのような場合は、転職サイトのコンサルタントに相談してください

 

 

職場の人間関係をあらかじめ調べて、そういった問題のないところを紹介してくれます。
そうすれば、また同じ失敗を繰り返す心配はありませんので、安心できますよね。

 

 

すぐに転職しなくても他の選択肢があることがわかるだけでも、
精神的に楽になれるはずです。
登録や相談はすべて無料ですので、やってみる価値はあると思います。
ひとりで悩まずは誰かに相談することからはじめてみてください。

 

⇒信頼できるコンサルタントに相談してみる


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!