薬剤師の悩み、職場の人間関係|薬剤師の転職理由

薬剤師同士の派閥、薬剤師の職場での人間関係の悩み

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


病院内では「派閥」という言葉をよく聞きますが、
薬剤師の職場での派閥に関する悩みは、それほど多くはありません。

 

 

総合病院や大学病院などで教授や出身大学による派閥が生じる程度です。
特に多いのは、医師の世界ですね。

 

 

薬剤師の場合は、「派閥」ほどの大きなものではなく、
女性同士の「対立」「グループ」という感じでしょうか。
職場内でグループのようなものができて、対立関係になってしまうことはあるようです。

 

 

 

 

女性が多い薬剤師の職場特有の対立問題

 

女性が多い職場では、派閥を作ったりグループを作って対立が生じることがあります。

 

 

女性は男性と違って、ひとりでいることに不安を感じやすいということがあります。
そのため、グループに入りコミュニティーを形成して共感や連携を確認したり、
自分と同じ価値観を持つ仲間と集団を作りやすく、
自分を受け入れない他者を排除しまう傾向があります。

 

 

薬局の職場で見られる派閥としては、「正社員」と「パート社員」であったり、
「ベテラン」と「若手」、「既婚女性」と「未婚女性」など
いろいろな立場での対立が生まれます。

 

 

仕事を円滑にするためには、人間関係がうまくいっているに越したことはありません。
ちょっとしたコミュニケーションのずれが原因で、
薬剤師としての仕事に支障をきたしては問題です。

 

 

これら派閥の対立関係をうまく対処し
人間関係をスムーズにする方法を考えてみたいと思います。

 

 

薬剤師の職場で対立関係にうまく対処する方法

 

きちんと挨拶をする

 

あいさつは、コミュニケーションを取る上で、とても重要なことです。
どんな人にも「おはようございます」「お疲れ様です」といった
最低限の挨拶は欠かさないようにしましょう。

 

相手からの挨拶を待つのではなく、自分から積極的に挨拶するようにします。
挨拶されて嫌な気分になる人は少ないと思います。

 

明るく笑顔であいさつすることを心がけましょう。

 

 

人の悪口に参加しない

 

休憩時間や雑談をしていると、不満や悪口を耳にすることもあると思います。
悪意がなく口にしたことでも、人を介して伝わると
本人は悪口を言われたと感じることも少なくありません。

 

そういった些細なことが人間関係を壊す原因になりかねないので、
悪口には同調せず、噂話は聞き役に徹し「そうなんですか」と聞き流すようにしましょう。
あまりにもひどい場合は、
「仕事があるので」と角が立たないように席を外すなどの工夫も必要です。

 

 

感謝の気持ちを伝える

 

仕事でもそれ以外でも何かをしてもらったら感謝の気持ちを積極的に相手に伝えましょう。
職場はチーム連携がとれなければ仕事もうまくいきません。

 

年上年下、先輩後輩薬剤師に限らず、
時には仕事を教えてもらったり、手伝ってもらうことがあるでしょう。

 

仕事を休んだときも同じです。休みを取ることは悪いことではありません。
しかし、代わりに仕事をやってくれる職場の人たちがいるからこそ休むことができる。

 

そんな感謝の気持ちをもって、「ありがとう」という気持ちを伝えていくと
人間関係もスムーズに進んでいきます。

 

 

仕事に徹する

 

職場は仕事をする場所と割り切って、仕事に徹するという方法もあります。
仕事をきっちりり評価があがれば、自分に自信がつき、
人間関係によい効果をもたらすこともあります。

 

また、仕事に集中することで、人間関係の悩みを忘れられる効果もあるので、
一石二鳥です。
自信を持ちすぎて態度が大きくならないように、謙虚な気持ちも忘れずに。

 

 

薬剤師同士の派閥の対立がどうしてもつらいとき

 

人間関係の改善を努力することで、改善する場合もありますが、
努力してもどうすることもできない場合もあります。

 

 

薬剤師の狭い環境でストレスを感じながら仕事を続けていくのは、
精神的によくありません。
仕事でもミスをして患者さんに迷惑をかけてしまうケースもあります。

 

 

そういった場合は、職場を変えることも検討してみましょう。
ただし、新しい職場ならどこでもいいというわけではありません。

 

 

新しい職場で、また人間関係で悩まないためにも
人間関係が良好な職場を選ぶ必要があります。

 

 

求人情報には、「風通しがいい職場です」「アットホームな雰囲気です」
などと書かれていることがありますが、
実際働いて見ると全然違ってピリピリムードだったなんてこともあります。
求人先の内情は、求人情報など表面上ではわからないものです。

 

 

 

 

失敗しない転職をするためにも転職サイトのコンサルタントにアドバイスをもらいましょう
求人先の人間関係について、
実際のことろはどうなのかきちんと聞いてから考えるようにしてください。

 

 

コンサルタントがきちんと対応してくれるおすすめの転職サイトをまとめています。
こちらを参考にしてみてください。

 

⇒おすすめの転職サイトはコチラから

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!