シングルマザー薬剤師の仕事選び!働きやすい職場は?

シングルマザー薬剤師の働き方は正社員?パート?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


現在の社会において「シングルマザー」は特別な存在ではありません。

 

薬剤師は全体の6割以上が女性であり、
もちろんその中にはシングルマザーで働いている人も少なくありません。
薬剤師は資格がありお給料も高いため、女性でも安定して働ける職業ではあります。

 

とはいっても、シングルマザーで働く薬剤師は、
仕事と家庭、育児をひとりで行わなければいけないため、
大変であることは間違いありません。

 

仕事と育児で大変だけれども周りに頼れる人がおらず、
悩んでいるママ薬剤師のお話も色々聞きました。

 

シングルマザー薬剤師の多くが悩んでいることや、
仕事と子育てを両立する上で気をつけるポイントをまとめました。

 

 

 

 

シングルマザー薬剤師の多くが悩んでいること

 

  • 子供を預け先
  • 子供が熱を出したり病気をしたとき
  • 相談できる人がいない
  • 職場に迷惑をかけてしまう
  • 子供との時間が取れない

 

子供が小さいうちは、子供の預け先や急な病気への対応などが一番の悩みとなります。

 

子供が急に熱を出したり体調を崩した場合、
仕事を急に休んだり、早退させてもらわないといけないケースは頻繁に出てきます。

 

そのため、職場に迷惑をかけることが多くなり、職場に居づらくなく人も少なくありません。

 

 

子供に対しては一緒に過ごせる時間が少なく、
仕事ばかりの毎日で子供にかまってあげられす寂しい思いをさせてしまう。

 

その事で自分を責めたり、がストレスになってしまうこともあります。
子供と仕事の板挟みで苦しい思いをしている人がとても多いです。

 

周りに同じような状況の人がいないと、
相談したり気持ちをわかってもらうことができないため、
一人で悩みつらくなってしまうのです。

 

 

シングルマザーの悩みの対処法

 

シングルマザーの多くは、「子供との時間」も「仕事、お金」も
完璧にしなければと本当に頑張っておられます。

 

子供を育てるのには、本当にお金がかかります。

 

「薬剤師」は資格があるため仕事の面では恵まれていると言えますが、
年収を求めすぎると、忙しくなってしまい子供と一緒にいる時間が減ってしまいます。

 

そして、仕事が忙しいとイライラしてしまい、
子供に当たってしまいストレスも増えてしまいます。

 

子供が小さいのは、ほんの数年の間です。
子供と過ごせる時間を確保するためにも、時間的に余裕がある方がいいはずです。

 

シングルマザーが「子供との時間」と「仕事」を両立するためには、バランスを考えましょう。

 

子供の預け先を考える
  • 土日祝日は誰かに預けられるのか
  • 毎週預けられるのか
  • 保育園などは何時まで預けられるのか
  • お迎えを頼める人はいるか

自分の両輪が近くにいて頼れる場合は、協力をお願いしてみましょう。
近くに頼れる人がいない場合は、最初は無理をしないことです。

 

 

必要な収入の目安を決める
  • 毎月の生活費はいくら必要か
  • 学費、京う行く日などの貯金や保険などの支払い
  • 児童扶養手当(母子手当)の使い道

これらを計算して、子供と生活していく上で、必要な収入を考えます。

 

 

出勤できる時間・休日などを絞る

子供との時間を作るために、自分が仕事に行ける時間、帰らなければいけない時間、
休まなければいけない曜日を明確に決めておきましょう。

 

薬剤師は、仕事を探せばたくさんの求人があり恵まれた職種です。
求人がたくさん出てくると、ついついお給料のいい求人などに魅力を感じてしまいます。

 

お給料など待遇だけで選んでしまうと、
忙しすぎて子育てに支障が出てしまう危険性が高くなります。
まずは子供との時間を作れるように働き方を考えて選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

シングルマザーにおすすめの薬剤師求人

 

託児所がある職場

託児所があれば、子供の預け場所を探す必要がないので非常に便利ですよね。

 

職場の託児所であれば、朝子供を預けに行き、
帰りに迎えに行く時間もかかりませんので時間の節約にもなります。

 

子供の急病にもすぐに駆けつけることができます。

 

 

薬剤師の人数が多い職場

小さい子供は、急な熱や体調不良はよくおこります。
そういった時に、変わりの薬剤師がいないと休むことができません。

 

働く薬剤師の人数が多い職場を選びましょう。

 

 

ママ薬剤師が多い職場

ママ薬剤師であれば、子育ての大変さをお互いわかっていますので
理解してもらいやすいです。

 

困った時はお互い様ですし、休みや早退のお願いもしやすいでしょう。
また、子供のことに関する悩みも先輩のママがいれば相談できるでしょう。

 

 

子育てに理解のある職場

子育てに理解のない職場の場合、子供のことで休みづらくなります。

 

周囲に迷惑をかけることで職場にいづらくなって、
ストレスを抱えてしまっては長く働くことができません。

 

こういった転職先を探す場合に大事なことは、
薬剤師転職サイトを利用するということです!

 

 

薬剤師転職サイトの活用がおすすめ!

 

「託児所あり」と書いてあったのに、
「実際はほぼ運用されておらず、利用できる状態ではない。」といったこともあります。

 

ママ薬剤師の人数や子育てに理解のある職場かどうかは、
働いてみないとわからないということも多いのではないでしょうか。

 

このような問題を解決できるのが、薬剤師転職サイトです。

 

 

 

 

コンサルタントは、これまでに勤務していた薬剤師の口コミ情報を聞いているため、
職場環境やママ薬剤師が働きやすいかどうかも教えてもらえます。

 

子供と仕事の両立において、仕事でのストレスを減らすことは、非常に重要です。

 

コンサルタントに相談してママ薬剤師が働きやすい職場を見つけてください。

 

⇒子育てしながらでも働きやすい職場について相談するならコチラ

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!