仕事のストレスで生理が来ない…女性薬剤師の悩み

女性薬剤師の悩み−生理が来ないのは仕事のストレス!?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

仕事で悩んでいたりストレスがたまっているとき、
ふと気付くと「生理が来てない!?」ということがありませんか?

 

女性の70%以上が仕事のストレスや人間関係が原因で
「生理に影響が出た事がある」というアンケート結果があるほどです。

 

 

生理が来ないと楽でいい、とか病院に行きたくないくて放置してしまいがちですが、
生理が来ないのは身体からの大事なシグナルです。

 

一定の期間生理が来ていたのに
3カ月以上止まってしまうことを「続発性無月経」と言います。

 

3ヶ月までとはいかなくても、
生理が来ないことを経験したことのある人は多いのではないでしょうか。

 

放っておくと不妊につながることもあり、
生理が止まったのには何か原因があるのですから理由を考えてあげましょう。

 

 

生理が来ない女性薬剤師の悩み

 

生理が遅れてしまったり、止まる原因としては次のようなものがあります。

 

  • 妊娠している
  • 食事の量が急激に減った
  • 体重が急激に減った
  • 脳や頭、神経を使い過ぎている
  • ストレスのかかり過ぎ

 

 

薬剤師として働いている人で生理がこない…という人の多くは、
「脳や頭、神経を使い過ぎている」「ストレスのかかり過ぎ」
という理由がほとんどです。

 

 

思い当たることはありませんか?

 

 

職場で過酷な仕事による神経の使いすぎや
過剰なストレスがかかっていないでしょうか?

 

ホルモンバランスの乱れから肌が荒れたり 、生理不順になることで、
将来不妊になってしまうこともあるため、まずは対処法を考えるようにしましょう。

 

 

仕事のストレスは生理の大敵

 

仕事の脳になりすぎていると子宮が反応しなくなる

子宮の収縮には、2つの女性ホルモンが影響しています。
子宮は自分の意志では動かす事ができず、神経により動きが調整されています。

 

脳からの指令で、ホルモンが放出されると
子宮が収縮したり広がったりして生理を起こしているのです。

 

パソコンや仕事などで頭を使いすぎると脳が情報処理で疲労してしまい、
ホルモンの指令を出す事ができず、生理不順になったり、
不正出血などホルモンバランスが乱れた状態になってしまうのです。

 

 

神経を使いすぎると子宮が緊張状態になる

神経を使いすぎ疲れていると、子宮が緊張状態になりスムーズな動きができません。

 

嫌なことや緊張状態の時に
身体がギュッと緊張して堅くなっているような状態と同じです。

 

神経が疲れていると子宮にも力が入って身動きがとれなくなってしまうので、
リラックスして緩めてあげることも必要です。

 

 

ストレスのかかり過ぎ

仕事をしていてストレスが全くない状態は不可能だと思います。
精神的ストレスすべてが悪いわけではありませんが、
過度なストレスは脳の視床下部に影響を与えホルモンのコントロールができなくなります。

 

ホルモンは非常にデリケートなので、
「妊娠していたらどうしよう」といった不安を感じていると、
妊娠していなくても生理が止まってしまうこともあるくらいです。

 

仕事で悩みや心配事を抱え込んでいると知らず知らずのうちにストレスを感じ、
生理が止まってしまう原因になっているのかもしれません。

 

 

ストレスによる生理不順の対処法

 

仕事やストレスが原因で生理が止まってしまう場合の対処法を紹介します。

 

仕事のしすぎで脳が疲れている時

仕事が忙しく神経が張り詰めると交感神経が優位に立っています。
この状態が長く続くと、
休憩やリラックスの副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。

 

そのため、疲れた脳や緊張状態を休めるには、休息が一番大切です。
まずは質の良い睡眠と身体を冷やさないようにしましょう。

 

お風呂は湯船につかるようにし身体の芯まで温めます。
寝る前に軽いストレッチなどで身体をほぐすのも効果的です。

 

眠くなくてもいいので、早めにベッドで横になって目を閉じて
視界からの情報をシャットアウトするだけでも脳の緊張をほぐすことができます。

 

 

悩みが多くてストレスがたまる時

仕事をしているとどうしても悩みや考え事が出てくるものだと思います。
ストレスをためないようにしようと思っても、どうしようもないこともありますよね。

 

自分一人で考えていると、嫌な感情が沸いてきて
悩みが膨らんでしまうこともあるのではないでしょうか。

 

そんな時、友達や家族など身近に相談できる相手に話してみると、
気持ちが整理でき心が軽くなったりするものです。

 

自分一人で抱え込んでいる感情を客観的に見てもらうことで、
新たな視点や解決策が見つかることもあるかもしれません。

 

 

生理不順の薬剤師さんへ

 

子宮はあなたの感情とダイレクトにつながっているため、
精神的なストレスや悩みがあるととても大きな影響を受けます。

 

そのような場合は身体からのSOSのサインですから、
身体の声に耳を傾けて無理をしないようにしましょう。

 

生理が止まってしまうくらいのストレスを感じる職場であれば、
体調を崩す前に今の職場環境を見直して見るのもいいのかもしれません。

 

仕事を頑張ることも大切ですが、身体を壊しても会社は守ってはくれません。

 

女性の大事な身体を守ってあげられるのは自分自身しかいないので、
まずは大切な身体を守ってあげてください。

 

 

少しオーバーワークだなと感じている場合は、
働き方を見直すいい機会かもしれません。

 

薬剤師は、パートや派遣社員でも高額年収を稼ぐことが可能ですし、
同じような条件でもっと精神的な負担の少ない仕事もあるかもしれません。

 

転職サイトのコンサルタントに相談したからといって、
すぐに転職しなければいけないわけではありませんので、
求人情報を聞いてみるだけでも気分が楽になることもあるものです。

 

 

コンサルタントへの相談は完全無料なので、
まずは気軽に聞いてみても、無駄にならないのではないでしょうか。

 

薬剤師の評価高い転職サイトをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒コンサルタントに現状を相談してみる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!