仕事がつらくて朝起きられない薬剤師の悩み

朝起きられない

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


朝どうしても起きられない、それで遅刻・欠勤する、
会社に行こうとすると体が重くなったり、
頭痛がするなどの症状を感じることはありませんか?

 

 

職場から離れた休日は特に問題ないのに、
会社に行こうと思うとうつ状態になるなど場面限定的に症状が起こる。

 

 

このような場合、「職場適応症」という可能性もあります。
「職場適応症」とは、どのようなものか紹介していきます。

 

 

 

 

「朝起きられない」のは薬剤師の職場不適応症?

 

職場不適応症という言葉は、聞きなれないかもしれませんが、
「新型うつ」という言い方をされることがあり、「適応障害」に分類されます。

 

「適応障害」が、仕事や職場をきっかけとして起こり、
社会生活に支障をきたすような精神的不調のことを総称して言われます。

 

 

従来のうつ病は、仕事熱心でまじめな人に現れるのに対して、
「職場不適応症」は、職場から離れた休日には旅行など楽しむことができるが、
いざ出勤しようと思うとうつ状態になるなど場面限定的なところがあります。

 

なので、「なまけ」「わがまま」と誤解されやすいところがあります。

 

 

薬剤師の職場へ行く時のこんな症状は要注意

 

職場不適応症が疑われる症状には、次のようなものがあります。

 

  • 朝起きられない
  • 遅刻・欠勤が多い
  • 仕事の効率が格段に落ちている
  • 仕事中に過呼吸になる
  • めまいや動悸がする
  • イライラして些細なことでも腹を立てる
  • 不安や焦燥感を感じる

 

 

薬剤師の職場不適応症の原因

 

上司や同僚との人間関係

一番多い原因が、この人間関係によるものです。

 

上司との折り合いが悪かったり、仕事でミスをして怒られたりすることで、
やる気をなくしたり、自信がなくなることによります。

 

その他、移動に伴う人間関係の再構築の負担がストレスになり、
職場不適応症を起こすこともあります。

 

 

職務内容の不適性

 

新人薬剤師の代表的な不適応症は、
まだ経験が浅く能力と職種が合わないことが多いため、
仕事に行き詰ってしまうことによります。

 

また、優秀社員が、管理職になった途端に成果が出せずに追い込まれ、
精神的不調をきたすこともあります。

 

 

過重労働

 

長時間におよぶ残業や休日出勤が多いという体力的負担や、
プレッシャーや心理的負担の大きい業務を任されることで、
心身ともに消耗し、やがて精神的不調をきたしてしまいます。

 

薬剤師は、人の命にかかわる仕事であるため、
調剤ミスが許されないというプレッシャーを常に感じています。

 

忙しい職場であれば、さらに体力的負担も重なり、
体調不良を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

薬剤師の職場不適応症の解決策

 

職場不適応症は、発症の発生時期がはっきりしていることが多いです。

 

きっかけとなる出来事を強いショックと本人が捉え、
一種の「逃走反応」が生じて「人と会うのが嫌」
「出勤したいが出勤できない」といったことが起こります。

 

そのきっかけとなった原因を把握することで対策を取りやすくなります。

 

誰かに相談する

上司に相談して、仕事内容を変更してもらったり、
仕事量を減らしてもらうなど相談してみましょう。

 

新人薬剤師が経験が浅いことで仕事についていけず、
行き詰まりを感じている場合は、経験を積むことで改善していくこともあります。

 

強い不安や抑うつ気分、情緒障害などがある場合は、
心療内科や精神科など専門医に相談することをおすすめします。

 

 

ストレスの要因を除去する

人間関係や過重労働などが原因の場合は、
職場環境を変えるのが一番の改善策です。

 

店舗の異動などができるようであれば、移動を申し出てみましょう。
合わない上司や同僚と離れたり、
仕事内容が変わることで症状が改善することとがほとんどです。

 

 

いずれの場合も早期に対処を行う必要があります。
相談してみても改善が難しい場合は、職場を変えることも考えましょう。

 

ストレスを抱えながら、仕事を続けるのは、健康的なことではありません。
自分らしく生き生き働ける職場は必ず見つかります。

 

まずは、転職サイトのコンサルタントに相談してみてください。
きっと何か選択肢が見つかるはずです。

 

どの転職サイトがいいかわからないという方は、こちらを参考にしてみてください。

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!