男性薬剤師はこんなことで悩んでいます。相談相手はいますか?

調剤薬局で働く薬剤師の悩みとは?

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

 

こんにちは。某大手調剤薬局で薬局長として働いています。

 

薬局長という立場上、多くの薬剤師の悩みを聞いてきました。

 

その経験を活かして、薬剤師さんの悩みに対する解決法を紹介しています!


薬剤師は、女性が多い職種です。薬剤師免許を持つ人のうち、6〜7割が女性です。

 

 

男性薬剤師は、薬剤師免許を取得しても大学院へ進学し研究職についたり、
製薬会社に就職する人が多く、
調剤業務に従事している割合は女性薬剤師に比べてさらに少なくなります。

 

 

女性の少ない職場で働く男性薬剤師ならではの特有悩みも少なくありません。
男性薬剤師が抱えている悩みについてまとめてみました。

 

 

 

 

男性薬剤師が抱える悩み

 

男性薬剤師であっても女性薬剤師であっても、
薬剤師という立場で業務内容も基本的には変わりませんが、
抱える悩みには違いがあります。

 

男性薬剤師が抱える悩みで多いものを紹介します。

 

 

給料が安い

男性薬剤師の悩みで一番多いのが、「給料、年収が低い」という悩みです。
同じ薬剤師として働いていても女性薬剤師に比べ、
給料に対する不満は男性の方が圧倒的に多いです。

 

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成26年)によると
薬剤師の平均年収は、 531万円です。

 

 

女性の職業としては、一般的な女性の平均年収と比べ、
満足できる給料だと言えるかもしれません。

 

しかし、男性にとっては、一般的なサラリーマンよりは多かもしれませんが、
製薬会社のサラリーマンであればもっと高年収を稼ぐ人はたくさんいます。

 

 

男性の場合は、働くモチベーションが給料や昇給であることが多いです。
また、一家の生活を支えている人がほとんどでしょうから、
生活に密接に関わる給料の悩みは切実な悩みでもあります。

 

 

女性が多い職場で、仕事の相談をする人がいない

薬剤師の職場は、女性が多い職場なので
仕事の相談相手がいないと悩む男性薬剤師が少なくありません。

 

 

勤務する職場にもよりますが、十数人いる薬剤師の中で、
男性が数人いればまだいい方で、男性薬剤師が一人ということもあります。

 

 

女性が多い職場での男性薬剤師のつらいこと

  • 相談相手がいなくて孤独
  • 力仕事をすべてやらされる
  • 着替える場所や男性用トイレがない
  • 愚痴や不満を聞かされる
  • 気分のムラが激しく、機嫌が悪いと八つ当たりされる
  • 休憩時間に居場所がない

 

 

女性が多い職場は人間関係が複雑になりトラブルが多いのが特徴です。
男性薬剤師が必要以上に気を使って精神的に疲れてしまうのも
無知はないのかもしれません。

 

 

仕事にやりがいがない

男性にとって仕事で成功を収め、評価されることは
非常に重要でやりがいを感じることです。
もちろん女性でも仕事に情熱を持っていて、成功したいと考える人もいますが、
女性は結婚や出産でキャリアを中断しなければいけない事情もあります。

 

 

そのため、男性の方が、「仕事に打ち込みたい」、
「それなりの地位に昇りつめたい」という気持ちが強い傾向があります。

 

 

そんな中で、「毎日のルーティーンワークばかりで単調」
「調剤業務が忙しすぎて、新しい勉強ができない。」
「薬剤師の存在意義に疑問を感じる」など
やりがいを感じない男性薬剤師も多数います。

 

 

どんな仕事にやりがいを感じるかは人それぞれですが、
自分の納得できる仕事がしたいという人も少なくありません。

 

 

 

 

男性薬剤師が悩みを解決するために

 

男性薬剤師の悩みを解決するための方法の一つが、「転職」です。
今の環境を変えて、新しい職場で働くのが一番の近道と言えるでしょう。

 

男性薬剤師の悩みを解決できる転職先として、
どのような職場があるのでしょうか。

 

 

ドラッグストア

ドラッグストアは男性薬剤師の勤務先として、多い職場です。
ドラッグストアは、調剤薬局と違い薬剤師以外にもさまざまな人が働いています。

 

そのため、女性の中に男性が一人だけというような環境であることはほとんどなく、
また調剤室にこもりっぱなしにはならないので、ほどよく息抜きができます。

 

給料面でも調剤薬局より高いことが多く、
店長や、さらに上のエリアマネージャーなど昇進すれば高給を狙うことができます。

 

 

情熱や野心があり、地位に昇りつめたい人には
やりがいを持って働ける職場なのではないでしょうか。

 

 

ドラッグストアで店長など管理職になると店舗の運営などマネジメントを任されます。
将来、独立を考えている男性薬剤師であればお店全体の運用の仕方など
非常に勉強になるので経験しておくメリットがあります。

 

 

製薬会社

製薬会社は、一般企業ですので女性よりもむしろ男性が多い職場です。
給料や福利厚生も充実しているので、条件面でも恵まれた環境と言えます。

 

 

MRは、営業成績が評価につながりボーナスに反映されるため、
本人の実力次第で年収アップが狙えるやがいある仕事です。
大手製薬会社のMRであれば、30代で1000万円も夢ではないかもしれません。

 

 

製薬会社への転職は若いほど有利であり、20代、30代前半までが理想です。
30代後半になると厳しくなります。
MR以外の学術や品質保証などのデスクワークは、求人が少ないため競争率は高くなります。
求人を探すには、転職サイトへの登録が一番確実です。

 

 

病院薬剤師

病院も多職種の医療従事者が働いているため、
調剤薬局ほど女性ばかりでつらいという環境にはなりにくいです。

 

 

「病棟業務で患者さんと直接的に関わる」
「チーム医療の一員として薬物療法の提案をする」
「医療の現場に携わる」
などを求めて病院薬剤師を目指す人も多いです。

 

 

注意しなければいけないのは、病院によって業務内容が違います。
病院によっては、当直や夜勤もあります。
また、病院薬剤師の場合、年収が下がる可能性もありますので、
転職サイトを通じて事前にしっかり調べておくようにしましょう。

 

 

男性薬剤師が転職する際の注意点

 

調剤薬局であっても在宅医療に取り組んでいたり、
薬剤師としてのスキルアップができる職場もたくさんあります。
職場環境における女性薬剤師の割合も、それぞれです。

 

 

どういった職種であれ、転職を考える場合は、転職サイトを活用してください。
転職サイトのコンサルタントは、
職場環境や昇給具合など表向きにはわからない情報もたくさん把握しています。

 

 

まずは、どういった職場であればあなたの悩みが解決できるかを
コンサルタントに相談してみてください。
転職のプロが的確にアドバイスしてくれます。

 

 

 

 

転職サイトを上手に利用するポイントは、少なくとも2〜3社に登録することです。
転職サイトによって抱えている求人が違いますし、
また転職サイト同士が競争することで、年収など条件がアップすることが多いのです。

 

 

転職サイトは、薬剤師の転職が成功して始めて求人先から報酬を得る仕組みになっていますので
競合他社がいるとわかると、好条件を提示しようと本気になって求人先に交渉してくれます。

 

 

年収アップを狙った転職であれば、複数サイトへの登録は必須です。
こちらにおすすめの転職サイトをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

⇒求人情報を集めてみる

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!