薬剤師の中途採用面接の基本的な流れ

面接は事前準備が大切!面接の流れを把握しておこう!

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

面接は、自分自身をプレゼンテーションする場です。
慣れないことなので、緊張しますよね。

 

 

1回勝負なので後悔することのないよう、事前の準備が必要です。
面接の流れを把握して、落ち着いて面接に挑めるようにしましょう!

 

 

 

 

薬剤師の中途採用面接の基本的な流れ

 

@会場に到着

 

遅刻はもちろん厳禁です。
心を落ち着けて面接に臨むためにも10分前には会場に到着するようにしましょう。

 

A受付

 

面接は受付から始まっていると考えましょう。
受付にて、名前と面接を受けに来たことを告げます。
案内していたらいたらお礼を忘れずに言います。
エレベーターや廊下など社員の方と会ったら軽く会釈をするようにします。

 

B控え室

 

携帯電話の電源は切り、静かに待ちます。
荷物はテーブルやイスの上には置かず、足元に置きます。
(控室がなく、そのまま面接会場に案内される場合もあります。)

 

C入室

 

ドアをノックし、「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言ってから入室します。
入室したら面接官に向かってお辞儀をし、イスの横に立ち、名前を名乗り、一礼します。
面接官から「どうぞおかけください」と言われてから座るようにします。

 

D面接中

 

カバンは足元に置き、背もたれには寄りかからず、姿勢よく座りましょう。
面接官の話を遮ることなく、質問は最後まで聞いてから答えるようにします。
面接官の目を見て、ゆっくりした口調ではっきりと話しましょう。
明るい表情は好印象を与えるので、笑顔を意識しましょう。

 

E退出

 

面接が終了したら、立ちあがって「本日はありがとうございました」とお礼を述べましょう。
ドアのところまで進んだら再度「失礼します」と一礼し、ドアを静かに開閉して退出します。

 

 

薬剤師の中途採用面接のマナーと心得

 

明るく誠実な姿勢が好印象につながりますので、
話し方や表情を事前にチェックしましょう。

 

@目線
きょろきょろせず、まっすぐに面接官を見ましょう。

 

A表情
明るい表情が魅力的に見えます。笑顔を意識しましょう。

 

B声
ゆっくりした口調で後尾まで、はっきりと話しましょう。

 

C姿勢
椅子には深く腰掛けずに、背筋を伸ばして座りましょう。

 

D服装
清潔感のあることが基本です。面接前に一度確認しましょう。

 

 

 

面接時のマナーを簡単にまとめました。

 

 

自信がないと、おどおどしてしまったり、
目がきょろきょろして落ち着きがなくなってしまいます。
そうした態度はいい印象を与えられません。

 

 

面接で不安に思うことがある場合は、転職サイトを活用しましょう。
転職サイトでは、事前に面接対策もしっかり行いアドバイスをもらうことができます。

 

 

薬局や病院の面接は、コンサルタントが面接に同席してくれることも多いです。
質問の対応に困った時は、フォローしてもらえますので、
こんなに心強いことはありません。

 

 

年収や待遇の交渉を自分ですると、
「細かくてうるさい人」というイメージがついてしまいそうですが、
コンサルタントが交渉もすべてやってくれるので、
そういった心配もなく気持ちよく入社できます。

 

 

これらは、すべて無料で利用できますので、
登録してコンサルタントに相談してみましょう!

 

⇒コンサルタントに定評のある転職サイトを見てみる!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!