薬剤師の転職術、面接で好印象を与える自己PRのポイント

転職したい薬剤師が、面接で好印象を与える自己PRの方法

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

面接で必ず聞かれる質問が、「転職理由」「志望動機」「自己PR」のです。
この中でも「自己PR」は、面接官に好印象を与え自分を売り込む絶好のチャンスです。

 

 

しかし、薬剤師の多くは自分を売り込むことに苦手意識を持つ人が多く、
「自己PRで何を言ったらいいかわからない」と悩む人も少なくありません。

 

 

「自己PR」は、事前に準備しておくことで、面接官に与える印象が大きく変わります。
本番で頭が真っ白にならないためにも、事前にしっかり準備しておくことをおすすめします。

 

 

ここでは、薬剤師の転職面接における「自己PR」のポイントをまとめました。

 

 

 

 

薬剤師の転職面接の際の効果的な自己PRとは?

 

自己PRとは、過去の職務内容や実績を具体的に説明し、アピールするためのものです。
自分の書きたいことを書きたいように羅列するだけだったり、自慢話で終わっては意味がありません。

  • 採用先はどんな能力のある人材を求めているか?
  • 自分は即戦力として働けるか?
  • 自分が今まで培ってきたスキルや経験をどのようにその企業で活かせるか?

 

このような点を意識すると相手に伝わりやすくなります。

 

 

 

薬剤師の面接での自己PRの3つのポイント

 

具体的に伝える

面接官におおっと思われる自己PRは、具体的に伝えることです。
自分の経験を活かして企業ではこんなことに役立てるということを
面接官にイメージさせなくてはいけません。

 

「調剤薬局で患者さんへの服薬指導を頑張った」と話すよりも
「薬嫌いの子供に対して様々な飲み方を提案し、その結果子供が嫌がらずに飲める方法を
見つけることが出来た」と話す方がより具体的で伝わりやすくなります。

 

「仕事の中でどんな風に強みが発揮出来るのか」について伝えるようにしましょう!

 

 

薬剤師としてのキャリアビジョンを伝える

重要なポイントは、「自分の未来価値」を表現するということです。

 

「この職場に入ってどんな価値を提供できるのか」という企業側に採用するメリットを
具体的に示すと説得力が高くなります。

 

しっかりとキャリアビジョンを持って転職するんだということを伝えることは、
大きなアピールポイントです。

 

 

熱意をもって自分の言葉で伝える

明確な理由や目標を自分の言葉で伝えることが何よりも大切です。

 

そのためには、「過去の経験から得たもの」を整理して、
「その結果を得るためにやった具体的な行動」を振り返ってみましょう。

 

そうすることで、自分の言葉で明確に説明できるようになります。

 

 

自己PRがこれでいいのか不安な薬剤師は

 

自分の自己PRが上手く出来ないという場合には、
他人に評価してもらうのも一つの方法です。
自分では分かりにくい自分の長所も、他人から見ると良く見えるということがあるからです。

 

 

その場合は、薬剤師転職サイトのコンサルタントに相談するのが最適です

 

 

転職サイトのコンサルタントは、多くの面接に立ち会ってきた転職のプロです。
企業側が求める自己PRのパターンも知り尽くしているので、
面接官に好印象を与える自己PRのコツについても、的確なアドバイスをしてもらえます。

 

 

ぜひコンサルタントに相談して、
面接官におおっと思われる自己PRを事前に準備しておきましょう!

 

⇒面接などのサポートが充実している転職サイトはコチラ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!