薬剤師の転職での面接のマナー・服装

面接のマナー・服装 押さえておくべきポイント!

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

面接が苦手で不安に思っている人はとても多いです。
しかしポイントを押さえておけば、心配する必要はありません。

 

 

面接において、第一印象はあなたが思っている以上に大きいものです。
印象の大部分は、「視覚からの情報」である見た目に基づいていますので、
身だしなみやマナーは面接突破の重要なカギを握っています。

 

 

服装やマナーは、面接官に大きく影響を与えるということです。
ここでは、「面接を成功に導く服装・マナー」についてご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

少し気をつけるだけで、印象が格段に向上しますよ。

 

 

 

 

面接官に好印象をもたれる薬剤師の身だしなみ

 

採用面接のときに面接官に好印象を与えるイメージのひとつに清潔感があります。

 

 

清潔感のある身だしなみは、薬局や病院で患者さんに好感をあたえ、
安心してまた利用しようと思っていただくための重要な要素です。

 

 

面接時の服装

 

服装の基本はスーツです。黒か紺、グレー系の濃い色のものが好印象です。
派手なストライプ地や明るすぎる色は避けましょう。シャツは白色が望ましいです。
男性は、ズボンの折り目もきっちりプレスされていると好印象です。
ボタンが取れそうになっていないかも事前にチェックしましょう。

 

 

かばん・バッグ

 

またカバンも黒い地味なものを選びましょう。
ブランド物のカバンや、派手な色のカバンを持っていく人も見かけますが、
面接の場では服装や持ち物もチェックされるので、あまり好ましくありません。

 

面接の時のかばんを選ぶポイントは、

  • 書類を入れるのに十分な大きさであること
  • 面接時に床に置いても倒れない自立タイプ

バッグはスーツに合っていることと機能的であることを重視しましょう。

 

 

髪形

 

女性の場合

真っ黒に染め直すまでいかなくとも、暗めのダークブラウンか黒にした方が、
面接で好印象を与えられるでしょう。自然な栗色までは大丈夫です。
長い髪の毛は、すっきりと束ね、短い場合にも耳にかけてまとめると知的に見えます。

 

男性の場合

長髪、茶髪などは好まれません。短めで清潔感のある髪形にしましょう。
耳にかからない程度に散髪し、襟足はシャツのえりにかからない長さが好ましいです。
薬剤師はお客様と直接接点をもつ仕事であり、
相手に信頼感と、清潔感をもってもらえる身だしなみが必要です。

 

 

顔(メイク)

 

女性

ノーメイク・厚化粧は好ましくありません。
また、目元を強調しすぎるアイメイクなどはビジネスに相応しくありません。
ナチュラルで健康的に見えるメイクを心がけましょう

 

男性

女性のように化粧で演出できない分、
きちんとした洗顔、髯そりによる清潔感をもつことが重要です。

 

 

香水とネイル

 

強い香水は好ましくありません。
爪(ネイル)は、書類の受け渡しや机・ひざの上に手を置いているときなど、
自分が思っている以上に爪は目立ちます。

 

マニュキアをつけたとしても透明感のある薄めの色までにします。
爪の長さも短めがポイントです。
清潔感がないものは、患者さんに不快感を与えることもあります。

 

また、派手なネイルアートは、「一包化やピッキングが大丈夫なのか?」
なんて思われる可能性もありますの注意しましょう。

 

 

 

女性の場合、ヒールの高い靴はカツカツと大きな音がなるので避けた方が無難です。
黒や紺などの清潔なパンプスが理想です。ストラップのないプレーンパンプスが基本です。
ヒールの高さは3〜5cmのものが適切です。

 

男性の靴は、クラシックでシンプルなプレーントゥが無難です。

 

注目が清潔感です。会場までの道のりで、汚れてしまうかもしれません。
現地に到着したら、靴の汚れを落としてから面接に挑みましょう。

 

 

薬剤師の転職面接での身だしなみチェックリスト

 

髪形、化粧
  • 面接に適した神の色、ヘアスタイルですか?
  • 派手なヘアアクセサリーはつけていませんか?
  • 肩にフケや抜け毛がついていませんか?
  • 派手なメイクになっていませんか?
  • 髯の剃り残しはありませんか?

 

服装
  • シャツやネクタイの色や柄は面接に適していますか?
  • 袖や襟が汚れていませんか?
  • シャツやスーツがしわになったりしてませんか?
  • ボタンがとれていたり、ほつれはありませんか?
  • かばんは面接に適していますか?

 

  • 面接に適した色ですか?
  • ヒールが高すぎたり、音がなることはないですか?
  • きちんと磨かれていますか?

 

その他
  • 爪は長く伸びていませんか?
  • 派手なネイルをしていませんか?
  • 目立つアクセサリーは付けていませんか?
  • 香水がきつすぎませんか?
  • たばこや汗のにおいは大丈夫ですか?

 

マナー
  • 携帯電話の電源は切りましょう。
  • 面接の時間に遅れないようにいきましょう。
  • コートを脱いで会社に入りましょう。

 

 

薬剤師の中途採用面接が不安で心配という場合の対策

 

身だしなみは、見た目の重要なポイントです。
身だしなみに不安があると自信をもって面接に臨むことができません。

 

 

面接に際して不安や心配に思うことがあれば、
転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

転職サイトのコンサルタントは面接にも立ち会っているプロですから、
どういった服装が適切なのかアドバイスをもらえるはずです。

 

 

登録は無料ででき、さまざまなことを教えてもらえますので、ぜひ賢く活用しましょう!

 

⇒おすすめの転職サイトを見てみる!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!