退職をひきとめられたら?薬剤師の円満退社の退職理由

円満退社の退職理由

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

退職理由を伝えたとき、あなたが優秀な薬剤師であればあるほど、
会社から引きとめられます。

 

 

薬剤師不足で困っている薬局であればなおさらです。
なかなか退職の意志を認めてもらえず、もし引きとめられた場合はどうすればいいでしょう?

 

 

その場合、どのように対処すればいいかを考えておくことも大切です。
ここでは、退職を伝えたとき、会社から引きとめられた際の上手な対処方法をまとめました。

 

 

 

 

薬剤師が退職の引き止めに合った場合の上手な対処方法

 

上手な退職の仕方として、「もう決めたことなので」と退職の意志を貫くことが基本です。
代表的な引き留めに関しては事前に想定しておくことで、
辞意を伝える場で押し切られたり、話が保留になったりせずに済みます。

 

 

代表的な引き留めのパターン

 

@なんで辞めるのか?

「嫌な点があるなら言って欲しい」というパターンです。

ここで具体的な不満点を出してしまうと、

「それを改善するから」という話につながってしまうので要注意です。

 

「特に具体的な不満があるわけではないです。」

「次が決まっているので」と言い切ってしまいます。

 

 

A辞めてどうするのか?

次が決まっている場合は、「次が決まっています」決まっていないなら

「しばらくゆっくりします」という答えになります。

 

次が決まっている場合、次の勤務先の名前や

次の勤務先の労働条件を詳細に言うことはやめておきましょう。

 

最悪の場合、次の勤務先に連絡されたり、

「あそこはよくないから」とネガティブなことを言われる可能性があります。

 

「申し訳ありませんが、言えません」ときっぱり断りましょう。

 

 

B辞めたら店はどうなる?(薬局の場合)

「他のメンバーに迷惑がかかる」「自分勝手じゃないか」というような引きとめもあります。

この手の発言は、訴えているだけのただの脅迫ですので、相手にしないようにしましょう。

「申し訳ありませんが、辞める決意をしました」と退職の決意を貫いてください。

 

会社側も有能な人材ほど手放したくないものです。
何かの不満がある場合、その不満が改善されたら続けて働く気があるのか、
自分の心に問いかけておきましょう。

 

会社に残ったとしても会社側が言葉通り改善してくれるかどうかの保証はありません。
「やっぱりあの時辞めておけばよかった」と後悔しないようにしましょう。

 

 

薬剤師の退職交渉はどのようにすればいい?

 

退職が決まったら、交渉すべきことは、「退職日」です。

 

まず、絶対に譲れない日を決めておきます。次の職場が決まっている人であれば、
入職日が「絶対譲れない日」になります。

 

設定した日から「何があっても変更しない」ことが何より大切です。
その日よりも前の日程で退職希望日を伝えます。

 

希望日がすんなり認められれば問題ありません。

 

「もう少し長くいて欲しい」という話になれば、「絶対に譲れない日」まで譲歩することで、
職場に対して出来る限りのことをしている誠意を見せることができますので
円満退職に向かいやすくなります。

 

 

薬剤師の引き継ぎ準備とスケジュール

 

退職が決まったら、重要になるのが仕事の引き継ぎです。
自分がいなくなっても困らないように、完璧な引き継ぎをすることです。

 

 

スムーズな引き継ぎスケジュールのポイント

@「引き継ぐ業務の項目」を上司とすり合わせる

A「引き継ぐ相手が誰なのか」を上司とすり合わせる

 

これらをいつまでに誰が行うのかを明確にしておきましょう。

 

 

薬剤師が退職交渉に困ったら

 

初めての退職交渉はわからないことも多く、不安がつきものです。
気持ちが曖昧だと情もありますし、会社のお願いや提案を断れずに、
タイミングを失ってしまうこともあります。

 

 

一番優先すべきは、あなたの気持ちです。あなたの決断がすべてを決定します。
しかしそれは、勇気のいることですし、迷いも出てきます。

 

 

もし、退職をするにあたって、

 

「みんなはどんな退職理由で辞めているの?」

「退職するとき、どこまで本当のことを言うべき?」

 

など、不安や疑問があるのなら、
転職サイトを利用して転職に関するアドバイスをもらうのも一つの方法です。

 

 

 

 

他の薬剤師が転職の際にどのようにしているかも含め、
転職のプロが、上手に退職できるようにサポートしてくれます。
きっと安心して退職交渉をし、気持ちよく新しい職場に進むことができるでしょう。

 

 

転職サイトと聞くと、

「無理やり転職させられそう」

「しつこく勧誘されそう」

というイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

 

そういった口コミは、ブラックな小さい会社がほとんどで、
大手の会社であれば、そういった心配はまずありません。

 

転職のノウハウを知り尽くしたコンサルタントさんから教えてもらえることは、
転職を考える薬剤師にとって非常にメリットのある情報ばかりです。

 

 

リスクを恐れるばかりに得られるメリットを放棄するのは、
もったいなさすぎます!

 

 

会社選びを間違えなければ、無料でこれほどメリットのあるサービスはありませんので、
おすすめ会社情報を参考にして、ぜひ転職サイトを活用してくださいね!

 

⇒ここなら安心の転職サイトを確認する

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!