薬剤師が職場を円満退社するために気をつけるべきこと

薬剤師が職場を円満退社するために気をつけるべきこと

4〜5月は、国家試験に落ちて入職できなかった新卒社員の補充や新入社員の早期離職に伴い、早急に人材を補充したい薬局・病院・企業の「急募の好条件求人」を増えるのがこの時期です!


急な人材不足での求人の場合、好条件求人が多く給与や勤務時間など条件交渉もしやすいので、ぜひとも求人情報をチェックしておくことをおすすめします!

求人情報を確認するならコチラ⇒

 

どういった理由で辞めるにしても、
お世話になった職場にはしこりを残したくないものです。

 

 

円満退社(=円満退職)とは、会社側と労働者が納得・理解をして
後を濁さずにその職を離れることを言います。

 

 

円満退社をするためには、いくつかのポイントがあります。
お互いに気持ちよく最後の挨拶ができるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

薬剤師が円満退社するべき理由

 

仕事を辞める理由にかかわらず、円満退職が好まれるのはどういう理由からなのでしょうか?
定年退職や寿退社でなければ、ほとんどの人が転職活動をすることになります。

 

 

薬剤師の世界は、狭いものです。
前職の職場の人と新しい職場の人が知り合いだったということも頻繁にあります。

 

 

また、薬剤師会や研修会などで前職の人達と接する可能性もあります。
辞めるときに不満を言ったり、トラブルを起こすと、
何かのきっかけで今の職場の人の耳に入ることがあるかもしれません。

 

 

また、前職の人達とも、将来また同じ職場で仕事をする可能性がないとも言えません。

 

 

円満退社であれば、きっと素敵な付き合いができるでしょうし、
そのような心がけが今後の人生のプラスになるはずです。

 

 

 

 

薬剤師が上手に退職するためのマナー

 

退職を伝える時期

 

お世話になった会社ですから、できるだけ迷惑をかけないようにするという姿勢が大切です。

 

時間的な余裕をもって、退職申請をすることがなによりも円満退職の秘訣です。
一般的に一か月前には、退職を伝えた方がいいと言われています。

 

しかし、実際には仕事の引き継ぎなどそれなりに時間がかかります。
上手な円満退社には、2ヶ月前には退職意思をつたえるのが望ましいです。

 

「辞めるからあとのことは知らない」という態度はやめましょう。

 

 

退職意思の伝え方

 

まずは「直属」の上司に、「相談」という形で切りだすのがポイントです。
いきなり、「退職願」を出すのではなく、まずは口頭で伝えましょう。

 

「ご相談したいことがあるのですが」「折りいって、お話があるのですが」

 

というふうに重要な相談があると伝え、時間を作ってもらいましょう。
メールで相談なしに送りつけるなどは、もってのほかです。

 

直属の上司に伝える前に、同僚や他の人に伝えるのも辞めましょう。
後からそのことが直属の上司の耳に入らないとも限りません。

 

退職願は、会社で決められた様式や指定の用紙がある場合もありますので、
事前に確認しましょう。

 

 

退職理由の伝え方

 

円満退職にむけて重要なことは、
退職理由をできるだけすんなり受け入れてもらうことです。

 

納得性の高い3つの薬剤師の退職理由

  1. 勤務先では解消できない理由
  2. すでに辞めることが前提になっている
  3. ポジティブに退職を希望する

 

たとえば次のようなものです。

  • 自分自身のスキルアップのため
  • 家族の事情で仕事を続けるのが困難になった
  • 目標や夢のために次のステージに進みたい

 

こういった具体的な理由があるなら、正確に伝えていいでしょう。

 

自分自身の都合にすることによって、会社が理解してくれる可能性も高くなります。

 

不満があって辞める場合は、どうでしょうか?
正直に伝えるか悩みところです。

 

不満を伝えてしまうとお互いにいい気持ちはしません。
ただ、そのことで人が定着しなかったり、多くの人が同じ不満をかかえて悩んでいる場合は、
伝えた方が改善のきっかけになることもあります。

 

しかし、あくまでも「自己都合」にしてしまうのが、上手な退職理由になります。

 

 

薬剤師が退職する際の手続き

 

返却するもの
基本的に会社から支給されたものはすべて返却します。

  • 社員証
  • 健康保険証
  • 通勤定期券
  • 白衣・制服・シューズ、名刺など
  • 業務用の資料やデータ

 

 

受け取るもの

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票(次の就職が決まっている場合は、必ずしも発行の必要はありません。

    後ほど郵送されるケースが多いです)

  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

 

 

退職を伝えるタイミング・伝え方・退職理由で薬剤師の円満退社を目指そう

 

上手な円満退職のためにすべきことをまとめてみました。
転職や退職は人生の中でも大きなイベントです。
いろいろ思い悩むことは多いでしょう。

 

 

「他の薬剤師はどのようにしているのか」「このやり方で大丈夫?」と思うことがあれば、
転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう

 

 

 

 

コンサルタントは転職のプロですから、多くの薬剤師の退職をアドバイスしています。
どんな些細なことでも丁寧に教えてくれます。

 

 

不安に思いながら進めていくのは、精神的にもツライものです。
コンサルタントは、大きな心の支えになることは間違いありません。

 

 

まずは、不安に思うことを相談してみませんか?
信頼できる転職サイトをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

⇒信頼できる転職サイトはこちら

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 転職サイトランキング 目的別!転職サイト選び 辞めたいと感じるとき 薬剤師に人気の求人!